キャンプ用ケトルでおすすめの人気メーカーと選び方【タイプ別】

キャンプでは、コーヒーを飲んだりレトルト食品を食べたりする時など、お湯を沸かすシーンが多いものです。そのような時に、アウトドアでも素早く便利に湯沸かしができるのがケトルです。
この記事では、キャンプで活用したいおすすめのケトルについて、そのメリットをご説明した上で、ケトルの選び方や人気メーカーなどについてまとめました。

やはり必要?キャンプでケトルを使うメリット

キャンプに行く時、「ケトルは必要か?」と悩んだ方も多いのではないでしょうか。
荷物を少なくしたいアウトドアシーンでは、湯沸かしはクッカーなどでも代用できそうですよね。
結論から言うと、ケトルがなくてもキャンプはできます。
しかし、ケトルがあると飲み物を用意する時以外にも便利な点がいろいろあり、とても快適に使えます。
キャンプでケトルを使うメリットは、以下のようなものがあるでしょう。

  • すぐに湯沸かしできる
  • スムーズにお湯を沸かせるケトルですが、特にやかんタイプのものは湯沸かしの時間が早いです。すぐにお湯が沸くので、ケトルがあるとコーヒーだけでなく、インスタント食品やレトルトなどを利用する時にも大活躍します。

  • 注ぎ口があるので、こぼれることなく注ぎやすい
  • 鍋やフライパン、メスティンなどのクッカーでもお湯は沸きますが、注ぎ口がないためスムーズに注げないことがあります。
    注ぎ口があるケトルは、お湯をこぼすことなくスムーズに注げる上、火傷の危険性も少なくなり安全です。

  • 湯沸かし以外にも活用できるものがある
  • ケトルというと、まずお湯を沸かすものというイメージが思い浮かびますが、種類によっては調理ができるものもあります。
    そのようなケトルは、キャンプギアを少なくしたい方などにもおすすめの、お湯も沸かせて調理もできる便利なアイテムと言えるでしょう。

キャンプ用ケトルの選び方3つ

キャンプ用のケトルを選ぶには、主に3つのポイントがありますので、以下にご紹介します。

その1 種類で選ぶ

キャンプ用ケトルには、主に3つの種類があります。
それぞれ特徴が異なるので、用途やシーンに合わせて選ぶと良いでしょう。

やかんタイプ

横長のやかんタイプは、素早くお湯を沸かせることが特徴です。
底面が広いのでまんべんなく火があたり、スピーディに湯沸かしできます。
大きさもコンパクトなものが多く、携帯性に優れているのでソロキャンプやツーリングキャンプ、少人数でのキャンプにおすすめです。

縦長タイプ

縦長タイプのケトルは、直火OKで焚き火などに使えることと、容量が大きいことが特徴です。吊り下げ用ハンドルや取っ手もついているので、中身が重たくても持ちやすく、焚き火にも使いやすい形状になっています。容量が大きいため、ファミリーキャンプや大人数のキャンプに適しているでしょう。

寸胴タイプ

寸胴タイプのケトルは、調理も可能でクッカーとしても仕様できることが大きな特徴です。寸胴鍋に注ぎ口がついたような見た目で、湯沸かしはもちろんそのままで調理することも可能。野菜やパスタ、スープやシチューなど、キャンプで食べたいいろいろな料理をすることができます。
容量のバリエーションが多く、小さめのソロキャンプ用のものから大きいものまでいろいろ揃っているのも魅力でしょう。寸胴のため、中にキャンプギアを積み重ねてスタッキングし、コンパクトに収納することも可能です。

その2 素材で選ぶ

素材によっては、自分のイメージする調理方法に不向きな場合があります。
ケトルを選ぶ時は、キャンプシーンに合わせた素材のものを選ぶことが大切です。
以下に、素材によるそれぞれの特徴をご紹介します。

ステンレス

 
耐久性に優れているステンレス製のケトルは、直火OKの素材です。
焚き火用に使いたい方は、ステンレス製のケトルを選ぶと良いでしょう。

アルミ

軽さと熱伝導率の良さで選ぶなら、アルミ製のケトルがおすすめです。
アルミは大変軽い素材の上、すぐにお湯を沸かすことができます。
へこみやすさは否めませんが、価格も比較的安いため入手しやすいアイテムでしょう。

ホーロー

 
金属の表面にガラス質を焼き付けてあるホーロー製のケトルは、錆びや匂いがつきにくく、素早くお湯を沸かすことができることがメリットです。保温性も高く、沸かしたお湯の温かさをキープすることにも優れます。さらにホーローは耐熱性が高く、焚き火などの直火にかけても使用できます。
また、ホーローケトルはカラーバリエーションが豊富で、おしゃれなものが多いことも特徴です。
一方、一般的なケトルと比べると重いことと、傷をつけるとそこから腐食してしまうことがデメリットです。

金属の中で最も熱伝導率が高いと言われているのが、銅です。
素早くお湯が沸くので、急いで調理したい方へもおすすめ。
耐久性にも優れているため長く愛用でき、使えば使うほど風合いが出てくる点も、多くのキャンパーたちから愛されています。

その3 キャンプスタイルやシーンで選ぶ

ケトルはキャンプスタイルやシーンで選ぶと、せっかく購入したのに出番がなかったという失敗がありません。
以下に、シーン別のおすすめのケトルをご紹介します。

ソロキャンプ

 
ソロキャンプで使用するケトルは、コンパクトなやかんタイプのケトルや、調理にも使える寸胴タイプの小さめのケトルが良いでしょう。
アルミ製のものなら軽量で持ち運びにも便利です。

ファミリーキャンプ

 
ファミリーキャンプや大人数のキャンプなら、大容量の縦長ケトルがおすすめです。
直火にかけられることを活かし、焚き火を囲んでお湯を沸かすのも良いでしょう。
小さなお子様がいるようなキャンプでは、電源サイトが利用できるキャンプ場なら電気ケトルを使用すると、安全にお湯を沸かすことができます。

コーヒー用なら

 
キャンプなどアウトドアでは、澄んだ空気の中で飲むコーヒーが楽しみという方も多いでしょう。
コーヒー用なら、ケトルは細口のドリップケトルがおすすめです。
ドリップケトルとは、細長い注ぎ口を持つ湯沸かしケトルのこと。
注ぎ口が細長いため、お湯をこぼすことなく快適にコーヒーをドリップすることができます。

キャンプ用ケトルの人気メーカー

多くのキャンパーたちから支持されている、キャンプ用ケトルの人気メーカーについてご紹介します。

ユニフレーム

 
金物加工で世界的に有名な新潟県燕三条に拠点を置くユニフレームでは、オールステンレス製の「キャンプケトル」が人気です。使いやすくシンプルなのに安全性に考慮されたデザインと焚き火もOKなタフさ、焚き火の灰が混入しないように計算し尽くされたこだわりの注ぎ口などが、名品と言われています。

スノーピーク

スノーピークは新潟県三条市に本社を置くアウトドア用品メーカーです。スノーピークではステンレス製の「フィールドバリスタケトル」が人気です。
ステンレス製なので頑丈で手入れがしやすく、しっかりした造りなのに蓋の持ち手部分に天然木を使用しており、おしゃれで柔らかい印象です。取っ手を取り外すことができるのでコンパクトに収納でき、携帯性にも優れたアイテムです。
小分けの仕切りがある収納ケースが付属でついているので、ケトルのほかにコーヒーフィルターやドリッパーなども便利に収納できます。

コールマン

アメリカ発のキャンプ用品メーカー、コールマンではアルミ製の「パッカウェイケトル」が人気です。
アルミ製のため、重量は約150gと大変軽く、コンパクトで持ち運びに便利なためソロキャンプでも活躍するでしょう。
傷つきにくいよう表面が加工されており、蓋が外れない設計になっていることも便利です。

ニトリ

アウトドアコーナーを設けている店舗もあるほど、キャンプギアに力を入れているニトリ。ニトリでは、長く愛用できるホーローケトルや、コーヒーなどにも使いやすいドリップケトルなどが人気です。これらのケトルはキャンプ専用品ではありませんが、直火対応可能な上、リーズナブルで入手しやすい価格となっているのが魅力の一つとなっています。

キャンプケトル売れ筋ランキング

商品を購入しようとする時、売れ筋ランキングなどは参考になりますよね。
大手通販サイトの、2021年現在の売れ筋人気ランキングをご紹介します。

1位 キャプテンスタッグ キャンピングケットル

700mlと1.3Lの2つの容量タイプがありますが、どちらも高評価です。小さいサイズはソロキャンプに、大きサイズはファミリーキャンプで活躍するでしょう。
アルミ製のなので軽量、使い勝手が良くお湯がすぐに沸くことがポイントです。
取っ手が直立するので、持った時に手が熱くなりません。

2位 コールマン パッカウェイケトル

容量約0.6L、重量約150gのアルミ製の軽量ケトルです。ソロキャンプで有名な男性芸人も愛用していることでよく知られる製品です。注ぎ口が細めのため液垂れもなく、コーヒーのドリップもスムーズに行えます。ハンドル部分に滑りにくいシリコンを採用しているので、手が滑ることなく安定して使えます。

3位  Fire-Maple ステンレスケトル

容量約1L、重量約295gのステンレス製のケトルです。焚き火を楽しむキャンパーのために開発されたと説明にある通り、焚き火に便利な工夫がいっぱい。
直火にかけることができ、フルステンレスなので錆や傷を気にすることなく大胆に使えます。ハンドルは吊り下げるのに適した形状で、直立したままロックも可能です。
がっしりしていて骨太な印象ですが、注ぎ口も液垂れしないよう工夫がされており、コーヒーのドリップなどもそのまま使うことができます。

100均でもお得に買える?コスパの良いケトル

あらゆるものを気軽に揃えることができる100均。100均では、500円程度でアルミ製やステンレス製のやかんを購入することができます。
100均のやかんはコスパは良いですが、キャンプで使いたい場合は直火に対応しているかなど、使用方法をしっかり確認してから使うことが大切です。
店舗や地域、時期によって在庫状況が変動しますので、100均でケトルを用意したい方は事前に確認した方が良いでしょう。