キャンプの必需品チェックリスト!必要なものを完全網羅【初心者】

自然を感じ非日常感を味わえるキャンプですが、いざ準備を始めようと思うと必要なものがたくさんあり、何を持っていけばいいのかわからなくなる方も多いと思います。

キャンプでは、快適に眠るために必要なものや美味しいごはんを食べるために必要なものなど、シーンによって必要なものが変わります。

そこでこの記事では、キャンプで快適な一日を過ごすための必要なアイテムを、シーン別で詳しくご紹介します。

また、夏、冬の時期に持っていくべきアイテムやキャンプ女子が用意しておきたいアイテムについてもご説明します。

キャンプのテント設営に用意すべき必需品

キャンプが初めての方はどんなアウトドア用品をそろえたらよいのかわからない方も多いと思います。忘れ物をするとテントが張れないなど、快適に過ごすことができなくなることもあるので、忘れ物がないようしっかり確認しましょう。

車でキャンプに行く場合は、車中泊することもできるので必ず必要というわけではありませんが、テント泊する場合やツーリングキャンプの方は必ずテントが必要になります。

1人キャンプならソロ用のテント、家族で行く場合は大きめのテントを用意しましょう。テント内で快適に過ごすための必要品を一覧でご紹介します。

  • テント
  • ペグ
  • ペグハンマー
  • テントマット
  • 寝袋、枕
  • LEDライト

さらに、あったら便利なアイテムもご紹介します。

  • グランドシート
  • コット

また、キャンプ場には、テントサイトの隣に車を停めることができるオートキャンプ場と、駐車場に車を停めてテントサイトまで荷物を運ぶキャンプ場があります。

オートキャンプ場なら荷物を降ろすだけなので楽ですが、キャンプ場の場合は、テントなどの大きい荷物を運ぶためにアウトドアワゴンがあると便利です。

初心者の方はあれもこれもと考えると忘れ物をしがちです。特にテント設営のアイテムは、忘れてしまうとキャンプが台無しになってしまうので注意してください。

リビングスペースの必須アイテム

キャンプでは寝る時以外ほとんどの時間をリビングスペースで過ごします。日差しや雨風から守ってくれるタープがあればより快適に過ごせるのでおすすめです。必要な場合はチェックリストに追加しましょう。

リビングスペースに必要なアイテムを一覧でご紹介します。

  • テーブル
  • 椅子
  • ランタン

食事をする際にテーブルと椅子は必要になります。軽量でコンパクトなものがあれば、場所を取らずに持ち運びできるので便利です。

テーブル、椅子には高さが低いロースタイルのものと、高いハイスタイルのものがあります。ロースタイルは地面との距離がない分、より自然を感じリラックスすることができ、ハイスタイルのものは立ったり座ったりが楽なので動き回る人に向いています。

キッチンに用意したい必須品リスト

炭火を使った美味しい料理を食べるのもキャンプの楽しみの一つです。美味しい料理を作るために必要なものをご紹介します。

  • コンロ
  • まな板
  • 包丁
  • クッカーやスキレットなどの調理器具
  • トングやおたま
  • 食器
  • カトラリー
  • クーラーボックス
  • 洗剤
  • スポンジ
  • キッチンペーパーや布巾
  • アルミホイルやラップ

コンロは焚き火台と兼用できるタイプだと、BBQのあとに焚き火としても楽しめるのでおすすめです。炭を起こすのに必要なアイテムは下記でご紹介します。

また、カセットコンロやケトルがあれば、手軽に料理ができたりお湯が沸かせるので便利です。

ファミリーキャンプの場合は、食器やカトラリーが人数分あるかもしっかり確認しましょう。

キッチンで必要なものを考える時は、実際に料理する流れを考えて、使うアイテムを持っているかをチェックしましょう。後片付けに必要なスポンジや洗剤などは忘れがちなので注意してください。

焚き火で準備するもの

暖まるだけでなく燃える炎に癒やされる焚き火ですが、自然保護や環境管理のために、ほとんどの施設で直火での焚き火は禁止されています。そこで必要になるのが焚き火台です。

上記でもご説明しましたが、BBQコンロと兼用できる焚き火台なら荷物を減らせるのでおすすめです。焚き火で必要なアイテムを一覧でご紹介します。

  • 焚き火台
  • 薪、炭
  • 着火ライター
  • 着火剤
  • 軍手(耐熱グローブ)
  • 火ばさみ
  • うちわ

灰捨て場がない場合は灰を持ち帰る必要があるので、キャンプ場によっては灰入れも必要です。

また、地面が焼けないように焚き火シートや、焚き火料理を楽しみたい人はトライポッドがあると便利です。

夏キャンプにあると便利な持ち物リスト

夏のキャンプは、海や川遊びなど真夏の暑い時期だからこそ楽しめることもたくさんあり、キャンプ場は人でいっぱいになります。

しかし、夏は日差しがとても強いので、しっかり対策をしていないと日焼けをし水ぶくれになってしまうこともありますし、虫が多いので蚊やブヨなどに刺されることもあります。

また、5月くらいの時期の場合、日中は暖かくても夜は冷え込むこともあります。夏とはいえ、山の夜は冷えることもあるので防寒対策をしておくことも大切です。

夏キャンプにあると便利なアイテムを一覧でご紹介します。

  • 帽子
  • 日焼け止め
  • 虫よけスプレー
  • 蚊取り線香
  • 薄手の長袖(パーカーなど)
  • 保冷剤

夏は汗をいっぱいかきますし、水遊びで濡れてしまうこともあるので着替えは多めに持っていきましょう。

冬キャンプでチェックしたい必需品

冬キャンプは澄んだ空気が気持ちよく、キャンプ場に人が少ないことが多いのでのんびりと過ごせます。

しかし、冬は寒さとの戦いでもあります。体が冷えないようにしっかり着込んで、キャンプマットや寝袋などは保温性の優れているものを持っていきましょう。

また、秋は日中暖かくても夜は冷え込みます。防寒できるアイテムを持っていくことがおすすめです。

防寒対策として持っていくべきアイテムを一覧でご紹介します。

  • ストーブ
  • ブランケット
  • カイロ
  • 厚手の靴下

キャンプ女子が用意しておきたい持ち物リスト

キャンプの準備をしていると、テントやタープなど大きなものばかりに目がいってしまいますが小物も忘れてはいけません。

万が一のために持っていくべきアイテムもありますし、女性が用意しておくべきアイテムもあります。下記で一覧でご紹介します。

<用意しておきたいアイテム>

  • ごみ袋
  • ハブラシセット
  • 洗顔セット
  • タオル(多めに)
  • 救急セット
  • 充電器
  • 着替え(多めに)
  • 防寒グッズ(多めに)
  • レインウエア

<女性が用意しておきたいアイテム>

  • メイク落とし
  • 化粧水や乳液
  • メイク道具
  • 生理用品
  • ヘアゴムやピン

タオルや着替えや防寒グッズを多めに持っていくとかさばり荷物になりますが、必要なときになくて困ることがないように多めに持っていくことがおすすめです。万が一の備えとして持っていきましょう。