キャンプ用やかん(焚き火ケトル)の選び方とおすすめ7選

:2022/02/03

キャンプなどアウトドアで飲むコーヒーはいつもよりもグッとおいしく感じられるものですよね。

そんな時に役立つのはキャンプ用のやかん(焚き火ケトル)です。そこでここでは、キャンプ用のやかんの魅力や選び方のポイント、素材、人気のおすすめキャンプ用やかんについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

キャンプ用のやかん(ケトル)とは

キャンプの時には、ご家庭でいつも使っているやかんよりもキャンプ用のやかん(ケトル)があると便利です。
一般のやかんとキャンプ用やかんの一番の違いは、底面が広く熱伝導率が高いため早くお湯を沸かすことができるという点にあります。

キャンプ用品として「専用のやかんはいらない、不要」と考える方もいらっしゃると思いますが、アウトドア用のやかんなら比較的軽量でコンパクトなものが多く、折りたたみ式もあり、持ち運びにも優れているなどメリットも多いものです。

キャンプ用やかん(ケトル)の選び方のポイント

キャンプ用のやかんを選ぶポイントは素材と容量、また熱源や使用用途にあります。

例えばキャンプでもコーヒーを楽しみたいなら細口タイプが便利ですし、ソロキャンプ用なら容量も小さいもので良いでしょう。
また直火にかけたり、やかんを吊るして使うなら熱に強い焚き火ヤカン(焚き火ケトル)が便利です。
以下で詳しくご紹介しますので、ご自身のキャンプスタイルにぴったりなやかんをイメージして選びましょう。

おすすめの素材

キャンプ用やかんの素材として多く使われているのは、ステンレス、アルミ、ホーローの3種類です。
素材により錆びにくさや保温性、使い心地も変わってきます。ここではおすすめの3つの素材についてご紹介します。

ステンレス

耐久性で選ぶなら丈夫で錆びにくい素材の代表格であるステンレス製を選びましょう。ステンレスなら、火力の強い焚き火での使用ももちろんOK。お手入れも簡単なので、長く愛用したい方にも◎です。

ただしある程度の重量があることと、取っ手などがプラスチックなどの場合は、溶けてしまうなど破損の原因になるので購入の際には注意が必要です。

ホーロー

カラフルなものもの多く、おしゃれでかわいい見た目が魅力のホーローは、保温性にも優れています。
焚き火などの直火での使用には不向きなため、ホーローのやかんを使用する場合はバーナーやコンロを使用してください。

南部鉄器

伝統的な南部鉄瓶を継承した和風の渋いデザインが、おしゃれキャンパーたちに「レトロな雰囲気で映える」と話題なのは南部鉄器を使った鉄鋳物のキャンプ用やかんです。

「及源鋳造株式会社」の【WAKKAS(ワッカス)】なら、焚き火などに吊るすことで直火でタフに使えるのはもちろん、バーナーやガス、IHなどさまざま熱源で使えるのも魅力です。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

容量の目安

コーヒー1杯は150~200ml、カップ麺なら300~500ml程度のお湯を使用します。
そのためキャンプ用のやかんはキャンプに参加する人数を参考にして選びましょう。
大きいと荷物になってしまいますが、小さいと一度沸かしただけでは足りないなど不便です。
以下が大体の目安になりますので参考にしてください。

  • ソロキャンプ 0.5~1L
  • ファミリーキャンプ 1~2L
  • 大容量 3L以上

人気のおすすめキャンプ用やかん(ケトル)

ここでは「amazon」や「楽天市場」などの人気ランキングでも上位に入るおすすめのキャンプ用やかんをご紹介します。

モンベル

シリコン製の黄色い取っ手がアクセントの「mont‐bell(モンベル)」の【アルパインケルト】。
600mlと900mlがあり、900mlなら【アルパインクッカー16】にぴったりと収まるので、スタッキングして持ち運び上手に組み合わせて便利に使うことができます。

ユニフレーム

重量186gと軽量でコンパクトなサイズながら、容量は900mlと手頃な「UNIFLAME(ユニフレーム)」の【山ケトル 900】。
持ち運びやすい大きさで、お湯が注ぎやすい形状なので、使い勝手抜群。700mlや1500mlの3サイズがあるので、使用シーン合わせてサイズを選ぶことが可能です。シンプルなデザインもGOOD!

コールマン

やかんタイプのコロンとした見た目が可愛らしい「コールマン(Coleman)」の【パッカウェイケトル】。
アルミニウム、ステンレス、シリコン素材を使っており、ソロキャンプに最適な容量600mlで重量150gと軽量です。芸人のヒロシさんが10年以上愛用しているということでも有名なオーソドックスなタイプのやかんです。

丈夫で錆びにくいステンレス製で容量1.6mlの【ファイアープレイスケトル】は縦型でスマートな印象です。
注ぎ口に蓋がついていて灰の侵入を防げるのも嬉しいですね。

ロゴス

「LOGOS(ロゴス)」の【たためるケトル1L】は、その名の通り折りたたみ式で、厚さ5.8cmまで畳むことができ、かさばらずに収納・持ち運びができます。
重量も約400gで容量は1L、熱に強いシリコン製で直火もOKと優秀です。

ニトリ

高品質で低価格、「お、ねだん以上」でお馴染みの「ニトリ」。キャンプ専用のやかんはありませんが、ドリップケトルや大容量のものなどさまざまなやかんがリーズナブルな価格でそろっています。

コンロやバーナーで使えるももの多いので、安いやかんをお探しなら一度ニトリを覗いてみるのもおすすめです。

100均

価格を最重視して選ぶなら、100均のやかんを活用してみてはいかがでしょう。

意外と見落としがちですが、100均にはやかんの取り扱いもあります。ただしサイズは小さめのものが多く、また直火に弱いもの、直火不可のものもありますので、購入前に熱源や強度についてしっかりと確認することが大切です。

キャンプ用のやかんやクッカーがセットになった商品も

せっかくキャンプ用のやかんを購入するなら、調理に必要なクッカーなどのギアがセットになった商品もあり、スタッキングして持ち運びしやすいなどメリットも多くあります。
「キャンプ やかん セット」で検索をするとさまざまなアウトドアメーカーのセット商品が出てきます。統一感のあるセットなら、見た目もすっきりしますし、必要なサイズの調理用ギアがそろうので、初心者の方にもおすすめです。

こちらも合わせてご覧ください。