ユニフレームのスキレットが万能すぎる!ピザも焼ける!

ピザというと、デリバリーピザや本格的なピザ窯で焼くピザなどが思い浮かびます。

しかし、今キャンプでピザを焼くのがアツいんです。

ピザ窯がなくても、スキレットがあればおいしい熱々ピザが食べられますよ。

ユニフレームのスキレットは蓋つきなので、ピザ作りにも最適です。

スキレットでピザを焼いてみませんか。

新しい定番になりつつあるスキレット

ミニフライパンのようなかわいい見た目と、カフェごはんのようなおしゃれな料理が作れることから、最近、人気の調理器具の仲間入りを果たしたのがスキレットです。

人気の火付け役となったニトリのスキレット(ニトスキ)は、一時期売り切れが続出したほどでした。

もともとスキレットとは、キャストアイアンと呼ばれる鋳鉄で作られた厚手のミニフライパンのことです。

ダッチオーブンの仲間ともいえます。

定評のあるスキレットとして有名なのがロッジ製のものですが、ロッジはもともとダッチオーブンメーカーです。

鋳鉄製の調理器具という意味では、ダッチオーブンと同じ部類に入るといっても良いでしょう。

日本のアウトドアメーカーでもスキレットは製造しており、先ほど出てきたニトリでは低価格で手に入れることもできます。

ほかにも、ユニフレーム、コールマンなどの大手アウトドアメーカーでも販売しています。

スキレットは鋳鉄製なので、内部に熱をじっくりとゆっくり伝えることができるのが魅力です。

素材にゆっくりムラなく火が通るため、旨味が凝縮されて通常のフライパンやオーブンよりも素材のおいしさを引き出すことができます。

蓋を使えばダッチオーブンのような使い方をすることもできますし、圧力鍋や無水鍋として使うこともできる万能型の調理器具といえます。

ダッチオーブンよりも浅いため、ピザやパエリアのように焼くメニューも得意で、キャンプめしが一気におしゃれにグレードアップします。

キャンプの楽しみといったら、キャンプめしですよね。

スキレットでキャンプめしをカフェごはんに変身させましょう。

ユニフレームのスキレットはお手入れ簡単で家でも使える

スキレットはアウトドアメーカーだけでなくニトリなどの生活雑貨店でも製造販売されています。

100円ショップで手に入れられるスキレットもあるようです。

ただ、やはりキャンプでハードに使うとなるとアウトドアメーカーで作られたものがおすすめです。

なかでもおすすめなのは、ユニフレームの「スキレット10インチ」です。

ユニフレームのスキレットは、黒皮鉄板で作られています。

黒皮鉄板は、酸化皮膜で表面が覆われている鉄板で、錆びにくいのが特徴です。

たわしや洗剤で洗うことができるため、お手入れのしやすさが評判です。

そして鋳鉄製と違い、一枚の鉄板から作られているため衝撃や温度差に強く、落としても冷水をかけても割れにくくて頑丈です。

使いはじめのシーズニングは必要ですが、鋳鉄製のスキレットよりはお手入れが簡単です。

蓋つきでダッチオーブンよりも安く手に入るため、初めての鉄製調理器具としてもおすすめできます。

また、ガスやIHで使うことができるため、自宅で本格餃子やピザなどにもチャレンジできますよ。

スキレットは万能!ステーキからピザまで

スキレットが得意な料理は、底の浅さを利用した焼き物や炒め物です。

さっと強火で炒めるチャーハンや餃子、野菜炒めに適しています。

温度が下がらないため、野菜もシャキッと炒められますよ。

蓋を使えばオーブンとなり、ピザやパエリアもおいしく作れます。

それだけでなく蓄熱性の高さもありますので、ロールキャベツやカレーなどの煮込み料理も得意です。

スキレットで作ってほしいのが、ステーキやハンバーグなどのお肉料理です。

高温でしかも蓄熱性が高いため、表面はこんがり、中はジューシーに、絶妙な焼き加減で焼くことができます。

素材の旨味を引き出してくれるスキレットですから、ちょっとぜいたくに、おいしいお肉を焼いてみるのも良いかもしれません。

ユニフレームのスキレットは10インチで、鍋径が約25.0×5.0(深さ)cmなので、家族分のメイン料理もちょうど良く作れるサイズになっています。

デザートもスキレットにお任せです。

例えば、朝食やおやつにパンケーキやフレンチトーストはいかがでしょうか。

スキレットであれば、おしゃれなダッチベイビーも作れてインスタ映え間違いなしです。

スキレットは重くて大きなダッチオーブンよりも軽くて使いやすいため、さまざまなキャンプめしに挑戦したくなりますね。

ユニフレームのスキレットは蓋つきだからお得

ユニフレームのスキレットは蓋つきですが、スキレットの中には蓋が別売りになっているものもあります。

スキレットの魅力を存分に引き出すためには、実は蓋が必需品です。

スキレットの蓋は、本体と同じ鋳鉄製で作れらており、直火で使うことができます。

ユニフレームのスキレットの蓋は、本体と同じく黒皮鉄板製でお手入れも同様です。

蓋がないとフライパンのような使い方しかできませんが、蓋があることによってオーブン、圧力鍋、無水鍋と使い道が広がります。

例えば、まずは蓋なしで鶏肉をカリッと焼いて、そのあと蓋をして蒸し焼きにすれば、カリッジュワッとジューシーな焼き方もできますよ。

ダッチオーブンのように蓋の上に炭火を載せて予熱することもできますので、ピザを焼くときなど一気に火を通したい調理をすることができます。

生地を仕込んでおけばキャンプでパンを焼くこともできますので、スキレットに蓋はマストと覚えておきましょう。

意外と簡単!ピザ生地作りをしてみよう

スキレットがキャンプの定番アイテムになるのと同時に、キャンプでピザを焼くのも定番になりつつあります。

生地にお好きな食材を載せて焼くだけという簡単さや、みんなでトッピングできる楽しさ、具材を変えればさまざまな味が楽しめることなど、ピザは誰にでも愛されるキャンプめしです。

キャンプ場によってはピザ窯が設置されているところもあるようですが、そう多くはありません。

しかしスキレットがあれば、ピザ窯がなくても大丈夫です。

ピザ生地は自宅で作ってきても良いのですが、そこまで難しくなくて1時間かからずに作れますので、ワイワイみんなで生地作りからやってみましょう。

◇ピザ生地

【材料】

・強力粉 200g
・ぬるま湯 140ml
・砂糖 大さじ1
・イースト 3g
・オリーブオイル 大さじ1
・塩 ひとつまみ

【作り方】

①ボウルにぬるま湯、砂糖、イーストを入れて混ぜ合わせます。

②別のボウルに強力粉を入れて、中央をくぼませます。

③そのくぼませた穴に、①と塩、オリーブオイルを入れます。

④よく混ぜながらこねます。

⑤ひとかたまりになって、耳たぶくらいのやわらかさになったら、ラップをして30分寝かせます。

これで生地の完成です。

寝かせ終わったら、クッキングシートの上で生地を伸ばして、具材を載せて焼くだけです。

ユニフレームのスキレットは内径が約25㎝なので、そのサイズに収まる程度の大きさで作ってくださいね。

ユニフレームのスキレットで作るトマトソースのピザレシピ

ピザに載せる具材はお好みのものでOKですが、定番のトマトベースは大人から子どもまで喜ばれます。

ユニフレームのスキレットを手に入れたら、トロトロカリカリのピザを焼いてみましょう。

【材料】

・トマト 2個
・バジル 適量
・モッツァレラチーズ 20g
・ピザ用溶けるチーズ 40g

(トマトソース)
・トマトケチャップ 大さじ1
・ニンニクすりおろし 小さじ1
・スイートチリソース 適量
・トマトペースト 大さじ3

【作り方】

①トマトはスライスしておきます。

②トマトソースの材料は混ぜ合わせておきます。

③生地にトマトソースを塗り、スライストマトとモッツァレラチーズ、溶けるチーズを載せてスキレットで焼きます。

スキレットで焼くときは、クッキングシートごと焼くと片付けが楽です。

スキレットは蓋をして、全体に熱を通すようにしてください。

④チーズが溶けて全体に火が通ったら、バジルを載せて完成です。

ユニフレームのスキレットは蓋つきなので、シーズニングさえしておけばすぐにピザに挑戦できます。

キャンプの前に自宅で一度作ってみると火加減などが分かって失敗しにくいのでおすすめです。

スキレットで調理も楽しむ

どのような料理でも、外で作って食べればおいしさが倍増します。

焼きたてであればなおさらです。

見栄えはお店のようにはならないかもしれませんが、楽しく作って楽しく食べることが最高のスパイスになります。

スキレットでピザ作り、ぜひチャレンジしてみてください。