バーベキューにおすすめのテーブルと椅子は?

バーベキューを催す際に、テーブルは準備したものやでき上がったものを乗せるといった使い方ができます。

また椅子は、テーブルとともに食事を楽しんだり疲れたら休んだりと、あるととても便利です。

このように使えるテーブルと椅子は、バーベキューに欠かせない道具と考える人が多いでしょう。

なお、このようなテーブルと椅子はバーベキューだけではない使い道もあり意外に重宝します。

この記事では、バーベキューで使えるテーブルと椅子について、くわしくご紹介していきます。

バーベキューではテーブルと椅子は必需品?

バーベキューは、バーベキューコンロを囲って、焼きあがった食材を食べるといった立食スタイルや、河原で岩を利用して座るといった場合、テーブルと椅子は不要と考える方もいるでしょう。

しかし、長時間立って過ごしたり、ちょうどいい岩が見当たらなかったりした場合、不便を感じてしまいますし、疲れてしまって楽しさも半減してしまいますよね。

ですから、やはりバーベキューをする際には、テーブルと椅子があるといいでしょう。

テーブルと椅子を選ぶ際には

・テーブルと椅子の高さ
・収納性
・用途
・素材
・人数

などに合わせて選ぶことが多いのではないでしょうか。

バーベキューを催す際、まずだいたいどれくらいの人数になるかを把握しましょう。

ファミリーや少人数なら、テーブルと椅子は人数分に見合った数を用意するのが理想的です。

しかし、お花見のように大人数になる場合は、調理台としてのテーブルだけにし、椅子ではなくレジャーシートを活用するようにすると荷物をおさえられますね。

そして、テーブルや椅子の高さは購入時に大きなポイントとなります。

次項からテーブルと椅子の高さについてくわしく見ていきます。

ハイスタイルのテーブルと椅子の魅力は?

バーベキューで使うテーブルは大きく分けてハイスタイルとロースタイルの2つになります。

まず、高さのあるハイスタイルの魅力からご紹介します。

●ハイスタイルのテーブル

ハイスタイルと呼ばれるテーブルは高さが70センチ前後です。

バーベキューは、食材を置いたり切ったりする作業台としてのテーブルが必要になります。

そのようなテーブルはバーベキューコンロの近辺に置き、作業することが多いので、ハイタイプと呼ばれるテーブルが使いやすいでしょう。

なお、食材を切る包丁や生肉など、お子様が触れたら危険なものも、ハイタイプのテーブルなら手が届きにくいので安心です。

そして、バーベキューでは、焼きあがった食材などを乗せて、食事をするテーブルも必要になります。

ハイタイプのテーブルは焼きあがった食材などを立食スタイルで気軽に食事をすることもでき、椅子を用意すればゆっくり食事することができます。

●ハイスタイルの椅子

ハイスタイルの椅子は、座面が高いため、立ったり座ったりする作業が楽に行えます。

そのため、高齢者でも無理なく、くつろぐことができるでしょう。

なお、この椅子はバーベキューだけなく、庭でお子様が遊ぶときに座って様子を見たりするといった使い方もできます。

なお、ハイスタイルのテーブルや椅子は、ロースタイルにもなる2ウェイ仕様のものも多数あります。

ロースタイルのテーブルと椅子の魅力は?

ここでは低めの、ロースタイルのテーブルと椅子の魅力についてご紹介します。

●ロースタイルのテーブル

ロースタイルのテーブルは低いので、ハイスタイルのようにキッチンテーブルには向きません。

一方、高さがない分、テント内でも圧迫感なく置くことができます。

さらに、軽量でコンパクトになることからバーベキューだけでなくソロキャンプやツーリングなど、荷物をおさえたい場合にも人気があります。

なお、テーブルの低さから小さなお子様でも食事がしやすいことから、お子様のいるバーベキューにもおすすめです。

●ロースタイルの椅子

ロースタイルの椅子は、あしを伸ばして楽に座ることができます。

自然の地面を感じられる距離を楽しみ、ゆったりとくつろぐことができます。

また、お座敷スタイルとも呼ばれる座椅子のような椅子もあり、高さがない分、転落の心配がないことから、お子様でも安心して座らせることができます。

バーベキューのテーブルと椅子に収納性を求めるなら?

ハイスタイルとロースタイルのテーブルと椅子の魅力についてご紹介してきましたが、ここでは特に「収納性」に特化したテーブルと椅子についてご紹介します。

ハイスタイルやロースタイルといったテーブルと椅子は、別なのでどうしてもかさばります。

そこで、おすすめなのがピクニックテーブルです。

オールインワン収納ができるピクニックテーブルは、その収納性が魅力です。

テーブルと椅子が一緒に収納できコンパクトになります。

収納後はそのまま取っ手を持って手軽に持ち運びができます。

コンパクトなので移動の車内に積む際、場所をとらず、さらに使用後は自宅での保管においても収納場所をとりません。

かぎられた空間を有効活用し、機能性にも優れていますから、バーベキューで活用するだけでなく、運動会といった行事でも活用することができます。

なお、その収納性ゆえに、少々組み立ての手間があります。

また、座り心地はあまりよくないといった意見も少なくないので、長時間座るのには向きません。

バーベキューにおすすめのテーブルと椅子のご紹介!

ハイスタイル・ロースタイルといったテーブルと椅子に加え、ピクニックテーブルについてご紹介してきましたので、ここではおすすめの商品についてご紹介します。

●ハイスタイルでおすすめのテーブルと椅子

【コールマン ナチュラルウッドロールテーブル】

こちらのテーブルは、天然木を使用した天板で、収納時は天板を丸められるといった特徴からとてもコンパクトに収納することができます。

【スノーピーク Take! Chair】

優れた竹の集成材を使用することで快適な座り心地と、柔軟であり強靭さが魅力の椅子になります。

おしゃれな見た目なので、バーベキューだけでなく、自宅のガーデンやウッドデッキといった場所に置くのもおすすめです。

●ロースタイルでおすすめのテーブルと椅子

【スノーピーク ワンアクションちゃぶ台竹S】

丸いかたちが特徴のテーブルで、まさにちゃぶ台です。

ワンアクションで簡単に設置でき、その手軽さから、バーベキューだけでなく例えば、お子様のお友達が来ておやつを出したりする際など自宅でも気軽に使うことができます。

【コールマン コンパクトグランドチェア】

座椅子のような見た目で、地べたに座る感覚で使うことができます。

背中部分をアルミフレームで支えるため座り心地がいいといわれています。

●おすすめのピクニックテーブル

【コールマン ピクニックテーブルセット】

ベンチの中にテーブルを収納できるので、とてもスマートです。

簡単に設営できることに加え、テーブルはロースタイルにもハイスタイルにも対応できます。

軽くて丈夫なアルミフレームなので安心して使うことができます。

使用頻度が低いなら、レンタルもあり?

ここまで、バーベキューにおすすめのテーブルと椅子についてお伝えしてきました。

なお、お伝えした通り、バーベキューだけでなく、お花見や運動会といった屋外のレジャーに使ったり、自宅の庭に置いてくつろぐこともできます。

しかし、そういった機会や使い道がなく、バーベキューをするのが数年に一度の使用頻度なら、購入ではなく、レンタルという方法もあります。

キャンプ用品のレンタルを行っている専門店はインターネット上でもたくさんあります。

人気のある専門店では、レンタルから返却された道具などは清潔にして次の方に貸し出すといった方法をとっているので安心して借りることができます。

そして、テーブルと椅子がセットになって借りることができるので、とても便利です。

人気のアウトドアメーカーの取り扱いがほとんどなので、デザインや機能性は全く問題ないでしょう。

また、本格的に買いそろえる前に実際の使い心地を試したい場合にもおすすめです。

バーベキューのテーブルと椅子は自分に合ったもの選ぼう!

バーベキューのテーブルと椅子は、ハイスタイルとロースタイル、ピクニックテーブルに分けられ、それぞれの特徴から、収納性に優れていたり、お花見や運動会といった行事でも活用したりできますから重宝します。

使う用途や人数、素材など、自分に合ったのものを選ぶようにしましょう。

なお、利用頻度が低い場合や、購入検討で迷っているなら、レンタルするのも一つの手です。

購入後、後悔のないようにするためにも事前にしっかりと検討してくださいね。