クーラーボックス台は100均や代用でコスト削減!

様々なキャンプ道具を揃える中で、クーラーボックス台は購入しようか迷うアイテムの1つでもあります。

そんな中、100均の材料を使って作るクーラーボックス台やキャンプ道具が、コスパ重視のキャンパーさんを始め、人気となっています。

そこで、今回は100均の材料で出来るクーラーボックス台の作り方や、クーラーボックス台に代用出来るアイテム、そしてオススメの低価格なクーラーボックス台もご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャンプで使用するガス缶、処分の仕方は?

キャンプで使用するガス缶ですが、正しい処分の仕方をご存知でしょうか?ガス缶燃料を使ったランタン...

キャンプでの焼き鳥の上手な焼き方とバーベキューのコツ!

キャンプでのバーベキュー料理はメニューが単調になりがちです。そんな中、今回ご紹介するのは焼き...

アウトドアにトランギア!便利な道具やケトル収納術もご紹介

トランギアのアイテムを使ったことがあるでしょうか。トランギアの製品は、アウトドアをされる方に...

コールマンのガスランタンで本格キャンプ!空焼きって何?

みなさんは、どんなランタンを使用していますか?ガスランタンを使いたいけれど「マントルの空焼き...

大切なタープから雨漏りが!その修理の方法は!?

夏場の強烈な日差しや、急な雨から守ってくれるアウトドアの頼もしい味方といえば、タープですね。し...

これで忘れ物の心配なし!バーベキューに必要なものリスト

アウトドアで行うレクリエーションの中でも特に人気があるのが、バーベキューです。家族や友達など...

キャンプは冬でも楽しめる!ブログの体験談から学べること

キャンプと聞くと、夏の暑い時期に行うもの、というイメージがあるかと思います。しかし、寒い冬時期...

実はシンプル!モンベルのクッカーの炊飯方法をご紹介

アウトドアでキャンプをする時、アウトドア料理を作るならクッカーは必須ですよね。その中でも、ご...

SOTOのトーチの火がつかない!その原因は?対処法はあるの?

キャンプやバーベキューなど、屋外で調理を行う場合には、火起こしが必要になりますよね。火種とな...

薪割の必需品!キャンプで使いやすい斧と鉈をご紹介!

焚き火やキャンプファイヤーの火を見ながらのキャンプは、とてもロマンチックなものです。そんなキ...

コールマンのケロシンランタン!灯油燃料はポンピングが重要

アウトドアで燃料と言えば、OD缶に詰まったLPガスかホワイトガソリンがポピュラーと言えるでしょう...

海鮮バーベキューで豪快に!魚介類の丸焼きを上手に焼くコツ

バーベキューの主役は、お肉というイメージが強いですよね。しかし、海鮮がメインのバーベキューも...

キャンプでも快適な睡眠を!ロゴス製コットの組み立て方

コットとは、キャンプなどの野外で使用する簡易型ベッドのことです。ロゴスのコットは、いくつかのパ...

コールマンのランタンはなぜ人気が高い?どのように使う?

ランタンはキャンパーなら誰もが憧れるアイテムです。今はLEDを使ったものや、バッ...

ビクトリノックス・トラベラーは銃刀法に触れる?

キャンプや登山などの野外活動での必需品となるナイフ。中でもマルチツールでは体表格ともいえる、...

スポンサーリンク

クーラーボックスの台は必要?

夏場などの暑い時期、キャンプの必需品ともいえるのがクーラーボックスです。

そして、クーラーボックスの下に台を使用するかどうかで悩む人も多いのではないでしょうか?

キャンプ道具は、揃えるのにも多くのアウトドアブランドから様々な商品が出ていて、コストもそれなりにかかってしまうため大変です。

そんな中、あえてクーラーボックス台は購入しないという人もいますよね。

ですが、実はクーラーボックス台があるのとないのとでは、クーラーボックスの保冷性なども全然違ってきます。

クーラーボックス台が必要といわれる理由は主に3つあります。

それは、「地面からの熱を防ぐ事が出来る・クーラーボックス内の物の出し入れが楽になる・底面の汚れ防止」が挙げられます。

この中でも特に「地面からの熱を防ぐ」というのが、クーラーボックス台を使う1番のメリットともいえます。

夏は特に食品の衛生管理が大切になってきますので、クーラーボックスを直射日光から避けたり、地面から直接熱を受けるのを防ぐ必要があります。

そのため、少しでも保冷時間を長く出来るの様な工夫が必要になってきます。

そこで、タープの下などの日陰に置き、さらにクーラーボックス台を使用する事でクーラーボックスの保冷性能もアップし、食品もより安全に管理する事が出来ます。

また、キャンプ中の負担を軽くしたり、キャンプ後の後片付けを少しでも楽にしてくれるなどのメリットもあります。

1度クーラーボックス台を使用すると、「ある方が全然いい!」と思うキャンパーさんがほとんどです。

100均の材料や代用でも準備する事が出来るクーラーボックス台を作成して、コストをかけずにキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?

100均で出来る!自作のクーラーボックス台

低コストでキャンプ道具を揃えたい人にも便利なのが、100均です。

今では様々なキャンプ道具を100均で揃えたり、自作する人も増えています。

そこで、今回は100均で出来る自作のクーラーボックス台をご紹介します。

【100均で出来る!自作のクーラーボックス台】

☆折り畳み椅子+ウッドパネル

[材料]

・折り畳み椅子
・ウッドパネル

[形]

折り畳み椅子の上に形を合わせたウッドパネルを置く台。

[作り方]

①折り畳み椅子の布部分を切って外す。

②ウッドパネルの裏側の針金が付いていない両端部分を外す。

※ハンマーやトンカチで強引に壊しても大丈夫です。

③折り畳み椅子にウッドパネルを乗せて、完成。

DIYが苦手な人でも、切ったり外したりするだけなので簡単に作る事が出来ます。

持っているクーラーボックスの大きさに合わせて、大きめなら2個作るなどして調節してみて下さい。

そして、こちらはクーラーボックス台としてだけではなく、ジャグスタンドとしても活用出来ます。

100均で揃う!便利なキャンプ道具

ちょっとしたキャンプ道具を揃えるのにも、100均はオススメです。

日常でも使える様々な商品が揃っていますが、キャンプでも使えるアイテムもたくさんあります。

100均で細々したアイテムを揃えれば、低コストでもキャンプが満喫出来ますので、参考にしてみてください。

【キャンプに使える!オススメの100均アイテム】

○コンテナボックス

100均ショップの中では、値段も変わっていきますが、S・M・Lの3サイズで展開しているところもあります。

積み重ねて使う事が出来るので、キャンプ場では小物や食材、すぐに取り出したい物などを入れておくのに便利です。

さらに、使わない時は折り畳んでおけるので、収納や持ち運びも楽々です。

○多目的ネット

キャンプでは、ハンギングドライネットとして活用出来ます。

洗ったカトラリーや食器などを乾かしておくのに便利ですので、アウトドアブランドの物を購入するまでの代用としてもオススメです。

○吊り下げ3段Box

意外と散らかってしまいがちなテント内を、スッキリ収納して寝るスペースを確保するのに便利なのが、こちらの吊り下げBoxです。

タオルや衣類もこちらに収納しておけば、使いたい時にサッと取り出せます。

こちらは針金ハンガーをテント内のフックにかけて、ハンガーに吊り下げBoxを吊り下げれば簡単に使用出来ます。

使わない時はコンパクトに畳めるので、持ち運びも便利です。

○フードカバー

今は食卓であまり見かける事がなくったフードカバーですが、キャンプ場では大活躍するもしれないアイテムの1つです。

キャンプ場では時間帯によっては、一瞬にして虫が大量発生する事もあります。

そんな虫や、落ち葉などから食材を守ってくれるのが、フードカバーです。

サッと食材に被せて使えて、使用後は折り畳んで収納する事が出来ます。

○針金ハンガー

キャンプでは様々な用途で活用出来るのが、針金ハンガーです。

濡れたタオルや衣類を乾かす時にはもちろん、先程紹介した3段Boxのフックとして使えたり、ランタンフックやキッチンペーパーをかけておくのにも使えます。

簡単に色々な形に変形出来るため、様々な用途に使えるキャンプのマストアイテムの1つともいえます。

他にも、テントやタープの設営の時にあると便利な「S字フック」や、ハンギングチェーンの代用としても使える「物干しハンガーロープ」など、様々なアイテムがあります。

自作のクーラーボックス台の時に紹介した、折り畳み椅子もありますので、色々揃える前にまずは100均でキャンプに使える物がないか探してみるのもいいかもしれません。

100均で出来る!クーラーボックス台以外の自作キャンプ道具

クーラーボックス台も100均の材料で作ることが出来ますが、他にもコストをかけずに100均の材料で作れるキャンプ道具があります。

そこで、100均の材料で出来る自作のキャンプ道具をご紹介します。

【100均の材料で出来る!自作のキャンプ道具】

○すのこの収納ラック(3段ラック)

[材料]

・桐すのこ×5枚
・グルーガン
・木工用ボンド

[形]

すのこを2枚両サイドにおき、その間に3枚のすのこを配置する3段型のラック。

[作り方]

①すのこを裏返して端にグルーガンの樹脂を塗る。

②サイドになるすのこの裏側の出っ張っている木材部分の上側から貼り付ける。

※グルーガンの樹脂はすぐに固まってしまうので、片側ずつ塗り素早く貼り付けましょう。

③①②の作業を繰り返し、左右合わせて6ヵ所あるサイドのすのこ裏側の出っ張り部分に、間に付けるすのこの足部分とを全てに貼り付ければ完成。

グルーガンで固定するだけなので、どうしても接着部分に隙間が出来てしまいます。

そのため、強度を増すために木工用ボンドを隙間に塗っておくと、より丈夫になります。

キャンプ場での食器類や、小物置きにオススメです。

デメリットとしては、折り畳めないため持ち運びのコンパクトさには欠けてしまいます。

○焚き火台

[材料]

・簡易的な折り畳み椅子
・浅めの平たい大きめのステンレストレー×2
・クリップ×3
・ステンレスワイヤー

[形]

左右に開く折り畳み椅子の上にステンレストレーをV字のようにして、使う焚き火台。

[作り方]

①折り畳み椅子の布部分を取る。

②ステンレストレーの表を外側にして、横脇同士をクリップで3ヵ所留める。

③折り畳み椅子の開き止めを、ステンレスワイヤーに替える。

④椅子の開き具合をクリップで留めた②の開く角度に合わせて調節する。

⑤椅子のフレームにステンレストレーを、クリップで留めた方を下にして乗せれば完成。

クーラーボックス台に代用出来るアイテム

クーラーボックス台は100均の材料でも手軽に自作出来たり、アウトドアブランドからも販売されていますが、代用出来るアイテムもあります。

購入しようか迷っている人やDIYが苦手な人は、普段アウトドアで使っている物やキャンプ以外でも使えるアイテムで代用してみる方法がいいでしょう。

キャンプ場でもクーラーボックス台としてよく代用されているアイテムの1つが、「折り畳みベンチ」です。

こちらは元々人が座る物なので、耐荷重もしっかりしているため、クーラーボックス台の代用としても活用することができます。

そして、意外とキャンプで使える様々な道具が揃うのが「ホームセンター」です。

ホームセンターには、低価格でキャンプ道具を揃えたい人にもオススメな商品がたくさんあります。

その中で、クーラーボックス台として代用出来るのが「折りたたみ式のキッチンラック」です。

耐荷重は5kg程度のものもあり、クーラーボックスのサイズ次第では問題なく使用できたりします。

ソロキャンプや小さめのクーラーボックスを使用している人にオススメです。

低価格なオススメのクーラーボックス台

自作や代用もいいけれど、「アウトドアブランドの物を揃えたい!」という人のために、低価格なクーラーボックス台をご紹介します。

【低価格なオススメのクーラーボックス台】

☆LOGOS ロゴス フラットクーラースタンド

(台部サイズ)約45.5×34cm

素材は軽量アルミフレームなので、持ち運びも楽です。

さらに、折り畳むと厚さ約2.5cmとコンパクトなので、収納場所も取りません。

☆キャプテンスタッグ クーラーボックススタンド コンパクト収納 アルミUE-5

(サイズ)約 幅27×奥行16.5×高さ17cm

スタンドは、スリムな棒状での収納が可能です。

さらに、持ち運びに便利なキャリーバックも付いています。

○ロゴス LOGOS 『2WAY FDスタンド(バック付き)』

(サイズ)約 幅6.5×奥行8.5×高さ67.5cm

こちらは、クーラーボックススタンドや2バーナー用スタンドと2通りの使い方が出来る、便利なスタンドです。

そして、高さがあるスタンドなので、物の出し入れもさらに楽に出来ます。

折り畳むとスリムでコンパクトなので、収納場所にも困りません。

また、収納バック付きなので、持ち運びにも便利です。

100均などで低価格で細々したアイテムを揃えてコストを抑えつつ、クーラーボックス台はお気に入りのブランドから探してみるのもいいかもしれません。

低価格なキャンプ道具でも思い切りキャンプを満喫しよう!

様々なアウトドアブランドから、おしゃれなキャンプ道具や便利な物までたくさんのキャンプ道具が出ています。

そんな中、コストを抑えたり自作でお気に入りのアイテムを作って、キャンプを満喫しているキャンパーさんも多いです。

日常でも活用出来るアイテムが豊富に取り揃えられている100均は、キャンプでも大活躍なアイテムもたくさんあります。

クーラーボックス台を初め、必要だけれどお金をあまりかけたくないというキャンプ道具などは、100均や代用でコストを抑えてキャンプ自体を思い切り楽しんでみて下さい。