キャンプで人気モンベルのフライパン!焦げた時はどうする?

家族や友達とアウトドアに出掛けた時、おいしいキャンプ料理は楽しみの1つですよね。

アウトドアブランドのモンベルでは、フライパンなどの調理器具も取り扱っています。

モンベルのフライパンは、焦げにくく、機能的でキャンパーの間でも人気です。

この記事では、アウトドア向けフライパンの特徴やモンベルのフライパンを中心に、万が一焦げてしまったときの対処法などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コンロの火がつかない!片方・両方・カセットコンロの対処法

ガスコンロを使っているご家庭で、コンロの火がつかない経験をされた方は、多くいるのではないでしょう...

キャンプで焚き火も楽しみたい!ブログでのおすすめ方法は?

キャンプの夜の楽しみといったら、焚き火ではないでしょうか。真っ暗な中、ゆらめく炎を見ていると...

コールマンのアテナシリーズはなぜ人気?設営方法は?

コールマンは有名なアウトドア用品専門のブランドです。キャンパーでなくとも、1度は聞いたこ...

夏のキャンプで事故が起きる?知っておくべき川遊びの心得!

ほとんどの方は、夏にキャンプに行くという方が多いですよね。川の近くのキャンプ場で、川遊びをす...

モンベルのロゴがダサい!?種類別に消す方法をご紹介!

「モンベルのロゴが他のブランドに比べてダサい!?」そんな周りの声が気になるけれど、価格や機能...

コールマンのランタンはなぜ人気が高い?どのように使う?

ランタンはキャンパーなら誰もが憧れるアイテムです。今はLEDを使ったものや、バッ...

ストウブで炊いたご飯がくっつく問題!対策を知り再度挑戦!

ストウブ鍋でご飯を炊いた経験はありますか?「ストウブで炊いたご飯は本当に美味しい!」と言われ...

バーベキューコンロは老舗ブランドコールマンで決まり!

アウトドアの醍醐味と言ったら、バーベキューではないでしょうか。屋外でとる食事は、いつもより一...

トランギアストームクッカーはガスOK?燃料として使うには…

トランギアのアウトドア用のクッカーのなかに、ストームクッカーがあります。コンパクトなのに様々...

ロゴスの寝袋の連結方法!連結可能なおすすめ寝袋も紹介

アウトドアスタイルを発信するキャンプの総合ブランド「ロゴス」。ロゴスでは、様々なシーンに合わ...

アウトドアで使いたいモンベルの手袋!防水タイプも気になる

寒い時期にアウトドアに出掛ける時、必要なのが手袋です。重い荷物を背負いながら山道などを歩くの...

オプティマス製ストーブのnovaがすごい!燃料は灯油以外も!

長年愛されているアウトドアメーカーの一つに、オプティマスがあります。代表作にはnovaなどの...

雪山制覇!ラッセル登山の正しいやり方

冬の雪山登山をする時は、ラッセル無しでは行えません。一部の有名ルートなどでは、事前に踏み固め...

登山ザックの大定番!グレゴリー「z35」の特徴と使い方

グレゴリーのデイパックと言えば、タウンユースのバックパックとしてもかなり人気があります。今回...

ロゴスのポールでも折れることがある!?対処法を伝授!

もし、テントやタープを設営する際に使うポールが強風などで「折れる」「曲がる」などのアクシデントに遭...

スポンサーリンク

キャンプ料理に役立つアウトドア向けのフライパン!

フライパンは、キャンプ料理をするうえで大切なアイテムです。

アウトドア向きのフライパンは、炒めることはもちろんのこと、煮たり焼いたりと様々な料理に使うことができます。

また、ものによっては、器代わりにしたりと便利なフライパンもあります。

ぴったりのものが見つかったら、焦げないための対処法や、焦げたときの対処法もあるので後述します。

人気アウトドアブランドのモンベルでも、便利なアウトドア向きのフライパンを販売しています。

モンベルのフライパンをご紹介する前に、一般的なアウトドア向きのフライパンの選び方をご紹介します。

アウトドア向けのフライパンに使われる素材は、主にアルミ、チタン、ステンレス、鉄の4種類です。

素材の特徴を知ると、そこから選ぶことができるので、次項でご紹介します。

アウトドア向けのフライパンの選び方!①

アウトドア向きのフライパンを選ぶポイントはいくつかありますが、こちらでは前述した素材についてご紹介します。

その特徴を参考に、ご自身の用途にあわせて選びましょう。

●アルミニウム

軽くて扱いがしやすいのが特徴です。

また、熱の伝導率が高く、短時間で料理が完成します。

お値段もお手頃価格で、購入しやすいです。

●チタン

アルミよりもさらに軽量で、頑丈で、錆びにくいです。

保温性に優れているので、料理が冷めにくく暖かい料理を楽しめます。

ただ、熱の伝導率が低いので、火があたる部分だけが焦げてしまったりと、火の通り具合にムラが生じやすいです。
登山に行くときなどの、荷物の軽量化したいシーンに適した素材です。

●ステンレス

頑丈な作りで、錆びにくいです。

熱の伝導率が低く、一度温かくなったら冷めにくいので、余熱を使った調理に適しています。

重さがありますが、ずっしりと安定するので調理がしやすいです。

交通手段が車や家族でのキャンプなどに向いている、フライパンの素材です。

●鉄

手入れが必要ですが、しっかりとメンテナンスをすれば長年使える丈夫な素材です。

また、熱の伝導率が高く、高温での調理が可能です。

使えば使うほど、油が馴染むので焦げ付きにくくなるのも特徴です。

ただ、重いので登山や荷物の軽量化をしたい時には避けた方が良いです。

ここまで、アウトドア向けのフライパンの素材をご紹介しました。

モンベルのフライパンの素材は、軽くて扱いやすい、アルミニウムです。

アウトドア向けのフライパンの選び方!②

続いて、アウトドア向きのフライパンを、素材以外から選ぶ場合のポイントについてお伝えします。

・フライパンの重さ

上記しましたが、荷物を軽量にしたい1人キャンプや登山などで、フライパンを使う際はチタン素材やアルミ素材のものをおすすめします。

車移動やキャンプなど、荷物が大きなっても平気なときは、鉄製のフライパンを持って行けますよね。

・スタッキングできるか

スタッキングとは、フライパンや鍋(クッカー)などを積み重ねてコンパクトにすることです。

アウトドア向けのフライパンは、シリーズで出ているものが多いので、それらをスタッキングすることが可能です。

荷物をコンパクトに収納して持ち運びたい方に、おすすめです。

・お手入れのしやすさ

「フッ素加工」などの焦げ付き防止コーティングがしてあるものを選ぶと、メンテナンスが便利です。

汚れが落としやすく、使用後の手入れが楽なので、アウトドア向けです。

次の項では、モンベルのアウトドア向けのフライパンをご紹介します。

焦げ付きにくい!モンベルの機能的なフライパン

では、モンベルのアウトドア向けのフライパンをご紹介します。

【モンベル:アルパインフライパン 16】

・参考価格 1,850円(税抜き)

・素材 アルミニウム

・重量 182グラム

・サイズ 17.6センチ×4.1センチ

アルパインクッカーシリーズのフライパンは、このほかにも「アルパインフライパン 18」「アルパインフライパン 20」があります。

数字によって、大きさが異なるので、用途に合わせて選んでください。

クッカーと積み重ねてスタッキングできるので、コンパクトに収納できます。

非常に軽く、優れた熱伝導性をもったアルミニウム製のフライパンです。

取っ手の部分は熱くなりにくいハンドルで、フライパンの内側は、焦げ付きを防止するフッ素加工を施してあります。

折りたたみ式で、取っ手が収納できるので、そのままお皿として料理を出すことが可能です。

通気性の良い、メッシュ素材の収納袋が付いているので、洗った後はそれに入れてぶら下げて乾かせ便利です。

実際に使用した方からは「適度な深さで焦げ付きにくいので、ストレスなく調理できとても気に入った」との感想がありました。

焦げ付きにくく機能的で、リーズナブルなのでおすすめです。

モンベルのフライパンが焦げ付いてしまったら!対処方法

次に、フライパンを焦がしてしまったときの対処方法をご紹介します。

モンベルのアウトドア用のフライパンは焦げにくい素材ですが、油をひかなかったり、何度も繰り返し使ったりで焦げてしまうこともあるでしょう。

焦げの落とし方は、素材によって異なるので注意してください。

モンベルのフライパンはアルミニウム素材です。

最初にご紹介する方法はこちらです。

●酢と洗剤を混ぜた水を火にかける

①フライパンの焦げた部分が浸るように水を張り、その中にお酢・中性洗剤をまぜます。
②火にかけて沸騰させます。

軽い焦げだと、沸騰させるだけで浮いてきます。

割りばしなどを使用して、こすると焦げがポロポロと取れます。

取れる分はとっておきましょう。

この時、吹きこぼれに注意してください。

③沸騰したら火を止めて、一晩おきます。

④翌日、水を捨ててキッチンペーパーなどでふき取ってください。

焦げが簡単にとれます。

次にご紹介する、焦げの取り方はこちらです。

●完全に乾燥させる

天日干しで、完全に焦げを乾燥させてからタワシなどを使って取り去るやりかたです。

上記した、「酢と中性洗剤を混ぜた水を火にかける」やりかたを実行したあとに、更にこちらをすると、より効果的です。

モンベルと同様大人気!焦げにくいフライパンと黒皮鉄板のフライパン

これまでモンベルのフライパンの紹介をしましたが、最後にモンベル同様、人気ブランドのアウトドア向きのフライパンをご紹介します。

【エバニュー:Ultra Light パン シャープ18 ECA147】

・参考価格 4,727円

・素材 アルミニウム

・サイズ 18センチ×5センチ

・重量 152グラム

・容量 1.2リットル

軽量で硬さがある、特殊なアルミ板を使用し、従来製品に比べて大幅に軽量化されたアウトドア向きのフライパンです。

重量は152グラムしかないので、登山などの荷物を軽量化したいシーンにもおすすめです。

深さが5センチあり、容量も大きいので、鍋としても利用できます。

鍋の内側は「チタンプラズマコーティング加工」がなされているので、焦げ付きにくいです。

次にご紹介する商品が、こちらです。

【ユニフレーム:ちびパン 2×2 666401】

・参考価格 3,600円

・素材 黒皮鉄板1.6ミリ

・サイズ 16.3センチ×3.5センチ

・重量 390グラム(1つ当たり)

優れた伝導性がある、「黒皮鉄板」を使用したフライパンなので、うまみを逃さず料理を作ることができます。

比較的小さいサイズの2個セットで、蓋が付いています。

ちょっとした料理やおつまみを作るのに最適で、持っていると便利なのでおすすめです。

ぴったりのフライパンでキャンプ料理作りを楽しもう!

一口にアウトドア向きのフライパンといっても、沢山の種類があります。

この記事では、その中のほんの一部をご紹介しました。

使いやすいフライパンがあると、自然と料理も楽しくなりますよね。

用途に合わせて、ご自身にぴったりのフライパンを見つけて、キャンプ料理作りを楽しんでください。