キャンプに持って行くおしゃれなテーブルを見つけよう!

キャンプに行ったら、自然の中で美味しいキャンプ料理を食べるのも1つの楽しみですよね。

そんな時、キャンプの雰囲気にマッチするおしゃれなテーブルがあったら、料理もより美味しく感じられるのではないでしょうか。

また、食事をとる以外にも作業をしたり、書き物をしたり、ちょっとしたものを置いたりとキャンプにおいてテーブルは大切な役割を果たします。

この記事では、キャンプで使うテーブルについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コールマンのガチャガチャで人気のランタンは電池交換可能?

アウトドア用品で人気のコールマンから、コールマン製のランタンやアウトドア用品がガチャガチャになっ...

大人気コールマンのシュラフ!気になる連結方法もご紹介!

泊りがけでアウトドアに出掛けるときに、持っていくものの一つがシュラフ(寝袋)です。快適な眠り...

サーモスが臭う!?パッキンや飲み口に付く臭いの原因とは

キャンプや登山といったアウトドアでは水分補給が必須になります。このようなときにサーモスのよう...

モンベルのミニタープは魅力満載!ブログから使い道を探ろう

モンベルのミニタープは「ミニ」でありながら、人気が高いということをご存知でしょうか。ミニター...

キャンプで飯盒炊飯!合わせて食べたいカレーの作り方!

キャンプの醍醐味の1つといえば、「野外で作って食べるカレー」という方もいるのではないでしょうか。...

スノーピーク製品を修理したい!持ち込み方法や詳細を紹介!

アウトドアを愛するキャンパーなら、知らない人はいないブランドのスノーピーク。スノーピークの製...

日本一の湖「琵琶湖」のキャンプ場!無料スポットもご紹介

日本で1番有名な湖の琵琶湖は、とても人気のあるキャンプ場であることでも有名です。琵琶湖の周囲...

チェックインとチェックアウト!連泊する場合はどうする?

旅行やレジャーを十分に楽しむために、あるいは、仕事の出張などで、旅館やホテルに連泊することはあり...

SOTOのMUKAストーブは車のガソリンが使える新機軸ストーブ!

アウトドア用ストーブを購入する時に、皆さんはどのような要素から選びますか?軽さやコンパクトさ...

トランギアストームクッカーはガスOK?燃料として使うには…

トランギアのアウトドア用のクッカーのなかに、ストームクッカーがあります。コンパクトなのに様々...

魅力のペトロマックスランタンの点け方とメンテナンス方法!

アウトドアにランタンの明かりは欠かせません。ランタンに明かりを灯すだけで、ぐっとキャンプの雰...

楽しみにしてたキャンプが台風!?キャンセルするべき?

数か月前から予約して、楽しみにしていたキャンプ。それにも関わらず、天気予報では台風の予報になっ...

キャンプ料理におすすめ!簡単に誰でも作れるレシピのご紹介

大自然を楽しめるキャンプは、その中でいただくご飯も楽しみの一つでしょう。みんなで楽しみながら...

キャメルバック社のボトルが大人気の理由と使い方を紹介

アウトドアで気持ちの良い汗を流すのは、最高ですね。水分補給は、のどの渇きを癒すだけでなく、体に...

ヒルバーグのソウロでキャンプへ行こう!2人でも使える?

キャンプは、ソロキャンプやファミリーキャンプ、グループキャンプなどに分かれますね。行く人数に...

スポンサーリンク

キャンプで使うテーブルの種類は大きく分けて3つ!

キャンプで使うテーブルは、以下のように大きく3種類に分けることができます。

・ハイテーブル
・ローテーブル
・サイドテーブル

まず、ハイテーブルは、通常のダイニングテーブルの高さがあるテーブルで、料理などの作業にも使うことができる高さのテーブルです。

高さがあるので、屋外で作業をするときなど小物などをおくことができ、1つあると大変便利です。

続いてローテーブルは、地面を近くに感じることができる高さが低めのテーブルです。

ちゃぶ台の形をした木製のローテーブルなども販売されていて、人気があります。

ローチェアとセットで使用すれば、ゆったりとくつろげるでしょう。

サイドテーブルは、他のテーブルと組み合わせることで使用したり、ソロキャンプの場合はサイドテーブルだけで済ませることもできます。

各ブランドから、このようなハイテーブル・ローテーブル・サイドテーブルが販売されていて、おしゃれなものもたくさんあります。

次の項では、キャンプスタイルについてご紹介します。

キャンプスタイルを知ってからおしゃれなテーブルを選ぼう!

おしゃれなキャンプテーブルがたくさんあるとお話しましたが、商品を紹介する前にキャンプスタイルのご説明をします。

キャンプスタイルは大きく分けて3つあります。

・ハイスタイル
・ロースタイル
・お座敷スタイル

一般的なダイニングテーブルの高さは、70センチといわれています。

その70センチ前後高さのテーブルをメインに使ったキャンプスタイルがハイスタイルです。

ハイスタイルキャンプには、前述したハイテーブルをメインに使用し、テーブルに合わせてチェアを選びます。

自宅のダイニングテーブル同様、立ったり座ったりが非常にしやすいため、年配の方にも安心ですね。

前述したように、ハイテーブルは調理台や作業台としても便利なので、ハイスタイルのキャンプでない場合でも1つあると便利です。

続いて、ロースタイルについてご説明します。

地面を真近で感じることができ、ローチェアとセットで使うと足を伸ばしてくつろぐことができ、近年人気のスタイルです。

タープやテントといった空間の中でこれらを使用しても、圧迫感を感じることがなくゆったりと過ごすことができます。

ロースタイルにすることによって、チェアも低くなるためお子さま連れのキャンパーにもぴったりです。

お座敷スタイルは、ロースタイルよりさらに低い目線で過ごすすスタイルです。

テーブルは、ロースタイルで使用するローテーブルと一緒で、チェアは座椅子のようなチェアを用います。

次の項では、キャンプでおすすめのおしゃれな木製テーブルについてお話します。

キャンプの自然にマッチする!おしゃれな木製テーブル!

キャンプで使うテーブルは、自然の中においてもマッチするおしゃれなものがいいですね。

キャンプテーブルの素材でよく用いられるものは、ステンレス製・アルミ製に加えて木製があります。

木製は、その名の通り木材で作られているため、自然の中におくと調和がとれ、キャンプサイトをおしゃれに彩ることができますよ。

使えば使うほど味がでて、こなれ感がでてくるのも木製テーブルの良いところです。

まずは、おしゃれな木製のテーブルをご紹介します。

【コールマン:ナチュラルウッドロールテーブル65】

・サイズ 幅65センチ×奥行70センチ×高さ70センチ

テーブルの高さが調整できる便利なテーブルで、キャンプスタイル選ばず使用できます。

高さ調整は40センチと70センチと2段階で使うことができ、コンパクトに収納もできます。

木材には杉を使用し、テーブルの脚の部分はアルミニウム製でそのコントラストがおしゃれです。

このモデルには、幅が110センチと広めのテーブルもあるので参考にしてください。

イタリア発祥!カステルメルリーノのおしゃれなテーブル!

続けて、おしゃれな木製テーブルをご紹介していきます。

【カステルメルリーノ:ハイ&ローテーブル】

・サイズ 幅99センチ×奥行き59.5センチ×高さ71センチ

赤い脚が大変おしゃれな、木製テーブルです。

カステルメルリーノはイタリア発祥のブランドで、1976年に設立されました。

設立当時、イタリアではアウトドアが流行っていたこともあり、カステルメルリーノのキャンプ用テーブルは国内でもヒットしたようです。

その後改良がすすめられ、木製にしては軽量で耐久性の高い現在のテーブルとなりました。

材質にはヨーロッパ産の天然カラマツが使用されているため、耐水性にも優れています。

使い込むほどに色が濃くなるので、おしゃれ度がアップするのが嬉しいですね。

脚の部分はワンタッチで取り外すことができ、71センチと36センチと簡単にテーブルの高さを変えることができますよ。

ハイスタイル、ロースタイルと両方のキャンプで活躍してくれます。

こちらのテーブルは3サイズの展開があり、同じデザインのおしゃれなベンチやチェアも取り揃えているので、参考にしてください。

キャンプサイトで被ることが少ないテーブルなので、他のキャンパーと差をつけたい方にはぴったりですね。

ステンレス製・アルミ製テーブルの木製テーブルに比べて優れているところ!

前項までに、自然にマッチする木製のテーブルをご紹介しました。

前述したように、キャンプ用テーブルは、木製テーブルの他にはステンレス製・アルミ製といったものが一般的ですね。

ステンレス製・アルミ製のテーブルは、自然の中においても不思議と不自然にはならず、ものによってはその存在感からキャンプサイトをおしゃれな雰囲気にする場合もあります。

木製とは違う、人工的なところがキャンプサイトで際立ち「逆に好み」という方もいます。

また、木製とは違ところは、その特徴がもたらすテーブルの使いやすさです。

例えば木製の場合、どうしても軽量でコンパクトというわけにはいきません。

では、ステンレス製・アルミ製がもつ特徴をご紹介します。

ステンレス製のテーブルは、熱伝導率が低く耐久性が高いといった特徴があります。

キャンプで料理をした際、鍋やダッチオーブンといった熱いものを直に置くことができ、便利です。

熱に強いため、焚火の近くで使用でき耐久性の高さもポイントです。

また、ステンレス素材は錆びに強く汚れも簡単に落とすことができるので、メンテナンスも簡単ですね。

アルミ製のテーブルの一番の特徴といったら軽量性の高さです。

コンパクトに収納できるテーブル「ロールタイプ」に多く使用されている素材で、携帯性にも優れています。

また、熱に強く耐久性も高いといった特徴も持ち合わせています。

ステンレスと同様に汚れを落としやすいため、お手入れが楽です。

これらの特徴から、ソロキャンプにもおすすめですね。

ステンレス・アルミ素材のおしゃれなキャンプ用テーブル!

最後に、テーブルの素材にステンレスやアルミを使用したおしゃれなテーブルをご紹介します。

【コールマン:ナチュラルモザイクBBQテーブル/110プラス】

・サイズ 幅110センチ×奥行き80センチ×高さ70センチ

カラフルでポップな色合いが大変おしゃれなテーブルです。

高さが70センチと30センチの2段階で調整が可能です。

テーブル中央にバーベキューのグリルをセットすることができるので、手軽にバーベキューが楽しめ、使用しないときは閉じておけば普通のテーブルとして使える便利なテーブルです。

2つに折りたためる「フォールディングタイプ」なので、持ち運びにも便利です。

【山善:タフライトテーブル】

・サイズ 幅120センチ×奥行き60センチ×高さ70センチ

高さを70センチと37.5センチの2段階で調整することができます。

こちらのテーブルは、グッドデザインアワード2016年を受賞したキャンプ用テーブルです。

天板が金属製メッシュ素材で作られているため、悪天候や汚れ、熱など気にすることなく使えます。

ダッチオーブンやコンロも直接置くことができるのも特徴です。

シンプルで無駄のないおしゃれなデザインなので、キャンプ料理を際立たせてくれそうです。

キャンプスタイルと素材から好みのテーブルを選ぼう!

キャンプに持って行きたいおしゃれなテーブルについて色々とご紹介しました。

テーブル選びは、ご自身のキャンプスタイルに合わせて検討しましょう。

ご紹介したようにハイ・ローと調整可能なものも多いので、そういうものを選んでおくと安心です。

それぞれの素材によっても、持っている特徴が違うので用途に合わせて選んでくださいね。