キャンプの朝ごはんは和食で決まり-おかずや簡単に作るポイント

  • 2021年11月7日
  • 2021年10月29日
  • 料理

キャンプの朝ごはんと言えばどんな朝ごはんを思い浮かべますか?片付けもあって忙しい朝ですが、美味しい朝ごはんもキャンプの楽しみの1つだと思います。

この記事では、キャンプの朝ごはんで和食を作るポイントについてや、おすすめのおかず、おしゃれな和食の朝ごはんなどをご紹介します。

また、朝ごはんを簡単に作るポイントやおすすめのクッキングアイテムもご紹介するのでぜひ参考にし美味しい和食の朝ごはんを楽しみましょう。

定番の和食の朝ごはん

和食の定番と言えば白ごはんにお味噌汁ですよね。とはいえ、白ごはんを炊くのには、時間がかかるのでキャンプで食べるのは避けているという方も多いことでしょう。

そこでおすすめなのが、前日に仕込んでおくことです。前日にお米を洗って吸水時間を取っておけば、朝起きて加熱するだけで白ごはんを炊くことができます。

加熱後に蒸らすことを考えても、30分もかからず白ごはんを炊くことができます。

また、前日に炊いたご飯を湯せん対応のフリーザーバッグに入れて温める方法もあります。

温め方は簡単で、鍋にお湯を沸かして火からおろし、袋のまま湯せんに入れて温めるだけです。

お味噌汁を作る場合は、火の通りやすい具材を使うことで時間を節約できます。

また、お湯を注ぐだけで作ることができるお味噌汁も多く売られているので簡単に作りたい場合はインスタントのお味噌汁を使うのもおすすめです。

また、前日に具だくさんの豚汁を作っておけば朝ごはんとしても楽しむことができます。

キャンプの朝ごはんにおすすめのおかず

白ごはんとお味噌汁のほかにおかずも必要ですよね。おすすめのおかずをご紹介します。

  • 焼き魚
  • 朝から炭を起こすなら焼き魚がおすすめです。炭火で焼く焼き魚は普段家では作ることができないですし、とても美味しく仕上がります。炭を起こさない場合でも、フライパンで簡単に焼くことができます。

  • ゆで卵や、目玉焼き、卵焼きなどの卵料理は簡単に作ることができるのでキャンプでもおすすめです。

持っていくだけでおかずになるものもおすすめです。

  • 納豆
  • 漬物
  • 豆腐

家でもよく食べるような出すだけでおかずになるものは忙しいキャンプの朝にもってこいのおかずです。

キャンプでも簡単に作れるおしゃれな和食の朝ごはん

キャンプの朝は忙しく、ご飯を作るのに時間を取っていられないという場合も多いと思います。そこでおすすめな簡単に作れる和食ご飯を3つご紹介します。

  • おにぎらず
  • おにぎらずは、握らないおにぎりでSNS映えするようなおしゃれなご飯になります。

    作り方も簡単で、まずラップの上に四角い海苔を角が上になるように置いて、海苔の真ん中にご飯が四角くなるように乗せます。

    ご飯の上にお好みのおかずを乗せ、さらにその上にご飯を乗せサンドします。上下左右の海苔をたたんでご飯を包み、ラップで包みます。

    10分ほど置いて海苔や具材がなじんだら半分に切って出来上がりです。海苔、ご飯、おかず、ご飯、海苔の順で並んだ断面が美しいおにぎりになります。

    また、レタスやチーズ、ハム、コンビーフなどを持っていけば、そのまま具材として挟むだけなので、キャンプの朝でもとても簡単に作ることができます。

  • 雑炊
  • 雑炊は前日に残ったご飯でも美味しく食べることができます。

    作り方も簡単で、鍋に水を入れ出汁の素や鍋キューブなどを使い味をつけ加熱し、沸騰したらご飯を入れ、卵を回し入れれば出来上がりです。

    仕上げに小ねぎや海苔などを散らせばおしゃれに仕上がります。

  • うどん
  • うどんは、冷たくても温かくても食べることができるので、朝の気温に合わせて作ることができます。

    暑い時期にはすだちやネギ、きゅうりなどを乗せ冷やしうどんで食べたり、寒い時期には肉や前日に残った野菜などを入れて煮込みうどんにするのもおすすめです。

    また、お湯を沸かして麺を茹でる作業が手間に感じる方は、水でほぐすだけで食べられる流水麺を持っていきましょう。

キャンプの朝ごはんを簡単にするポイント

キャンプの朝は片付けもあるので忙しく、朝食作りにあまり時間をかけることができません。できるだけ簡単に朝ごはんを作るためにはどうしたらいいのでしょうか。ポイントを3つご紹介します。

  • 火を使う調理は簡単に
  • 火を使う場合ガスコンロやバーナーを使うのがおすすめです。焼き魚のように炭火で焼いて調理すれば美味しくできるものもありますが、炭火の場合火の調節や後始末などに手間がかかります。

    朝ごはんを簡単に手間なく作りたい場合は、後始末が簡単な調理器具を使いましょう。

  • 余った食材を活用
  • 前日に余った野菜やごはんなどを使って朝ごはんを作れば、時短になります。また、無駄なく食品を使うことができるのも嬉しいポイントです。

  • レトルトやインスタントなどを活用
  • レトルトやインスタント、冷凍食品などを活用すれば食材を切ったり煮たりする作業がなくなるので、調理の時間をぐっと縮めることができます。

    また、ハムなどの加工食品もそのまま食べることができるので朝ごはんを簡単に作りたい場合におすすめの食材です。

キャンプで朝ごはんを作るのにあると便利なクッキングアイテム

ここまで、キャンプの和食の朝ごはんについてや簡単に作るポイントをご紹介してきました。最後に朝ごはんを作るのにあると便利なアイテムをご紹介します。

  • スキレット
  • スキレットは厚手の鋳鉄製のフライパンのことで、熱伝導率が高く美味しく調理できます。

    たき火のほかオーブンやトースター、コンロなどでも使えるので、アウトドアだけでなく家でも使える調理器具です。

    また、蓄熱性が高いので作った料理をそのまま乗せてテーブルに出せば温かいまま食べることができますし、デザイン性が高いのでおしゃれな見た目になるのも嬉しいメリットです。

  • クッカー
  • クッカーは、鍋やフライパンなどのセットのことで、コンパクトに収納できたき火やバーナーなどで調理できるアウトドア用の調理器具です。

    アルミ、ステンレス、チタンなど素材の違いもあります。アルミは熱伝導率が高く調理しやすいですが、保温性が低く、ステンレスは保温性、耐久性に優れていますが、熱伝導率が低いので調理に時間がかかります。チタンは軽量で耐久性に優れていますが、熱伝導率が低く焦げ付きやすいです。

    また、深さや大きさなど種類も豊富にあるので、自分に合うクッカーを選びましょう。

  • ホットサンドメーカー
  • ホットサンドメーカーは調理するものを挟んで両面を焼くことで、ホットサンドなどを作ることができる調理器具です。

    ホットサンド以外にもおにぎりを入れて焼けば焼きおにぎりを作ることができるので和食の朝ごはんを作りたい方にもおすすめのクッキングアイテムです。

このほかにもたくさんのアウトドア用品が売られているので、自分に合うアイテムを探し美味しい朝ごはんを作りましょう。