キャンプ用扇風機で快適な夏を!おすすめ人気アイテム5種を大特集

:2021/12/17

夏のキャンプは、暑さ対策をどうするかで快適さが格段に違ってくるでしょう。
日陰にテントを設営したり、タープを利用したりといろいろ工夫している方も多いかもしれませんが、暑い夏キャンプには扇風機があると便利です。
この記事では、キャンプ用の扇風機の特徴を解説した上で、選び方や人気商品をご紹介します。

キャンプ用扇風機の特徴は?

キャンプでも使用できるアウトドア用扇風機の大きな特徴は、小型で持ち運びしやすいく携行性に優れていることです。コードレスやクリップ式で設置しやすいものも多く、狭いテント内でも置き場所を選ばず使用できるものがたくさん販売されています。

夏キャンプには扇風機とサーキュレーター、どっちがいい?

扇風機もサーキュレータも、羽根が回って送風するという仕組みは同じです。
しかし、この2つは目的や機能などが異なっていますので、それぞれの違いを以下にご説明します。

【扇風機】

  • 人が涼むためのもの
  • 広範囲に風を送ることができる
  • 首振り機能や、タイマー機能がついている
  • 静音性に優れる

【サーキュレーター】

  • 空気の循環が目的・クーラーや暖房との併用がおすすめ
  • 送風はストレートで直接的
  • 音が大きめ
  • 真上にも送風可能

これらのことを考えると、涼をとりたい夏キャンプにおすすめなのは、サーキュレーターよりも扇風機だということが言えるでしょう。

夏キャンプで使用する扇風機選びのポイント

扇風機は、給電方法や設置方法、連続使用時間などがタイプによって異なります。
夏キャンプで使用する扇風機は、それらの違いなどをよく比較した上で選ぶと良いでしょう。

給電方式で選ぶ

電源サイトが確保しにくいキャンプ場では、充電式と電池式に給電方法が分けられます。より自分のキャンプスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。

充電式

usbケーブルなどで充電するのは、バッテリーが内臓されている扇風機です。
モバイルバッテリーがあれば、何度でも充電でき繰り返し使用できるメリットがあります。
デメリットは、モバイルバッテリーがない時に充電切れになると扇風機が使用できなくなることです。

電池式

乾電池さえあれば使用できることが、電池式のメリットです。連続使用時間が短い場合は、予備の乾電池が必要なので荷物が増えることがデメリットかもしれません。

連続使用時間で選ぶ

ポータブル電源があると、大容量バッテリーを内臓しているので長時間連続使用できます。キャンプ用扇風機を選ぶ時に連続使用時間も確認した際、連続使用時間が短い場合は、ポータブル電源を用意するのもおすすめです。

風量で選ぶ

扇風機はコンパクトなものほど、風量が弱いとされています。
ファミリーキャンプや大人数のキャンプでは、携行性も考えた上で風量の強さもチェックして選ぶと良いでしょう。

設置方法で選ぶ

キャンプ用扇風機には、卓上タイプのものから、クリップ式、吊り下げ式などがあります。
扇風機をテント内で使うのか、野外でも使用したいのかを考えて、適した設置方法ができる扇風機を選びましょう。

機能で選ぶ

一箇所だけが冷えすぎることを防ぐ首振り機能や、キャンプの他に災害時などにも活躍するランタンライト付き扇風機など、便利な機能で選ぶのも良いでしょう。

夏のソロキャンプに使いたいおすすめの人気扇風機

多くのキャンパーが、自身が使って良かったアイテムをブログなどで紹介しています。夏キャンプの酷暑を和らげるアイテム、扇風機もその一つです。ブログなどでよく紹介されている、夏のソロキャンプにおすすめの人気扇風機を、以下にご紹介します。

クレイモア

「クレイモアfanV600+」は、usbケーブルで充電できるコードレスの扇風機です。
タイマーやバッテリー残量が目視できるなど、便利な機能がついています。
別売りの回転雲台を使えば、首振り機能をプラスできます。

スノーピーク

スノーピークのコンパクト扇風機「フィールドファン」は、ACアダプタが付属でついているので家庭用の電源でも使用できます。
このフィールドファンに、日本の電動工具メーカー「マキタ」のバッテリーと充電器を用意すると、キャンプでも便利に使えるポータブル扇風機になります。
3段階で選べる風速、タイマー、首振りと便利な機能がついていることが特徴です。

マキタ

マキタの「充電式ファン」は、コンパクトな上可動式のフックがつていているので、手軽に持ち運べることが人気です。
風量調節、タイマー、自動首振り機能がついています。風量を強にすると音が大きくなるので、就寝時は弱めの風量がおすすめです。2021年のamazonのサイトでは既に1000件以上のレビューが付き、高評価を得ています。

ルーメナー

ルーメナーのコードレス扇風機‎、ファンスタンド「LUMENA-FS」は、一度のフル充電で約20時間使用できることが特徴です。風量は4段階調節でき、上下の角度も調節できます。首振り機能はありませんが、ブラシレスモーターを使用しているので静音性が高く、寝苦しい夏のソロキャンプにも快適に使用できるでしょう。
また、ルーメナーの扇風機は、カラーバリエーションが比較的豊富です。ラインナップの中にはパステルカラーの製品もあるので、よりおしゃれなキャンプ用扇風機を探している方にもおすすめです。

ニトリ

家具やインテリア雑貨だけでなく、さまざまなものを扱うニトリでは、扇風機も販売しています。入手しやすいニトリの扇風機のランキングを探したところ、大手通販サイトの2021年のランキングでは、充電式ハンディファン「HF316NI」が上位を獲得していました。
モバイルバッテリー式でコードレスなので、クーラーのない暑い夏のキャンプでも大活躍するでしょう。コンパクトですが6枚の羽根でパワフルに送風できます。

夏のファミリーキャンプを涼しく!扇風機の使い方とテントの工夫

ソロキャンプならハンディファンなど、コンパクトな扇風機一つで足りるかもしれませんが、ファミリーキャンプやグループキャンプなど、大人数のキャンプではまかないきれないかもしれません。
特にテントが大きいと、小さな扇風機一台では風が広範囲に行き渡らないでしょう。
そのような時は、扇風機を複数使うことをおすすめします。ポータブル電源を持って行くと、電源サイトのないキャンプ場でも快適に長時間連続使用できるでしょう。
また、風が通り抜けできるように、テントを工夫することも大切です。テントの前と後ろを跳ね上げたり窓を開けたりして、テント内に風の通り道を作ると涼しく過ごせます。
楽しい夏のキャンプですが、扇風機などを上手に使って暑さ対策をし、体調管理に気をつけて過ごしましょう。

こちらも合わせてご覧ください。

同じタグが付いた記事を読む