【買い足すならLEDランタン】選ぶポイントとおすすめ15選

:2022/05/03

ランタン LED

「今年はランタンを買い足そうかな」「今より使い勝手が良くて明るいのがほしい」
そう思っても、実際にお店へ行くと種類がたくさんあるため、何がいいのか悩むものです。
ランタンにはいくつか種類がありますが、おすすめはLEDランタン。
そこで今回は、LEDランタンをおすすめする理由、LEDランタンを選ぶ際のポイント、おすすめのLEDランタンをご紹介します。

LEDランタンをおすすめする理由

キャンプサイトを明るく照らすランタン。
ランタンには、

  • ガソリンランタン
  • ガスランタン
  • LEDランタン

の3種類ありますが、キャンプ初心者の方はもちろん、買い足す方にもおすすめしたいのがLEDランタンです。
LEDランタンは乾電池や充電式バッテリーによって使用できる便利さが一番の魅力です。

LEDランタンをおすすめする理由は4つ。

  1. 火を使わないから安心安全
  2. ON/OFFの切り替えだけなので操作が簡単
  3. 音が静かで明るさを調整しやすい
  4. 災害用としても活用できる
  5. モバイルバッテリーなど便利な機能が備わっている

ガソリンランタンやガスランタンなどは火を扱うのでランタン自体が高温になります。誤って触り火傷をする可能性もありますし、燃料の保管にも注意しなくてはなりませんが、LEDランタンなら熱源が乾電池や充電バッテリーなので、子供がいても安全に使えますし、火を使わず音も静かなので、テント内でも安心して使用できます。
また、切り替えが簡単で子供でも操作できるので、災害などの緊急時にも重宝します。

LEDランタンを選ぶ際のポイント

キャンプ用としてだけでなく、家でも備えておきたいLEDランタン。
LEDランタンは種類が豊富なので、選ぶ際のポイントについてご紹介します。

用途に合わせて明るさを選ぶ

LEDランタンの明るさは、「ルーメン(lm)」という単位で表されています。商品によって明るさは異なり、100ルーメン以下のものから1000ルーメン以上の最強に明るいものまであるので、LEDランタンを選ぶ時は、メインで使うのか、テント内に吊るして使うかなど、用途に合わせて明るを選ぶことが大切です。
目安としては、メインとしてサイト全体を照らすなら1000ルーメン以上ですが、500ルーメン前後でもキャンプサイトを雰囲気良く照らしてくれるので、明るさは好みで選んでもいいでしょう。いくつかランタンを置いて明かり調整したり、明るさを調整できる機能があるランタンを選ぶ方法もあります。ソロキャンプや手元を照らすくらいなら300ルーメン程度でも問題ないでしょう。

デザイン性

LEDランタンを選ぶポイントとしておすすめしたいのがデザイン性です。
シンプルな形状で使いやすいLEDランタンもいいですが、おしゃれでデザイン性があるLEDランタンはキャンプサイトが映えますし、キャンプで使わない時はインテリアの一部として部屋にも置けます。
アンティーク調のレトロ感ものやユニークな形をしたもの、竹素材でできたものなどがありますので、お気に入りのランタンを見つけてはいかがでしょうか。

電池式か充電式か

LEDランタンの主な給電方法は電池式と充電式。
電池式は電池が手に入りしやすく、電池さえあればどこでも使えるメリットがありますが、電池を買い足していく必要があるため、充電式よりもランニングコストがかかります。連泊する際や電池の残量が不安な時は、予備電池を用意する必要があるため荷物も重くなってしまう点でもデメリットと言えるでしょう。ただ充電式乾電池もあるので、それを上手く活用すればランニングコストを減らし、買い足す手間を省くことはできます。
一方の充電式は、電源さえあれば繰り返し充電して使い続けることができるので、電池式よりもランニングコストを抑えられる他、モバイルバッテリーになる機能が搭載されたタイプもあり使い勝手がよく重宝します。ただし、使う前にバッテリーの残量を確認しないとならず、もし電源のないサイトでキャンプをすると使えなくなってしまう懸念もあります。
おすすめは、充電方法が異なるLEDのランタンを用意すること。
中にはソーラー充電や手回し充電するタイプもあるので、複数用意しておくと一番安心です。

上記の3つの他にも、白色か暖色かといった光の色、連続で何時間点灯できるかなどのポイントも合わせて選ぶことをおすすめします。

【サイト全体を照らせる】メインに使える明るいLEDランタン

では、具体的にどのようなLEDランタンがいいのか、用途やシーンに合ったおすすめのLEDランタンをご紹介します。
まずは、サイト全体を照らせるくらい明るい、メイン使いにおすすめのLEDランタンをご紹介します。

コールマン クアッドマルチパネルランタン

一番の特徴は、4面に付いている発光パネルが取り外しできること。本体を置いたまま、1面のみ外して懐中電灯として使うこともできます。家族でそれぞれ同じパネルを持って移動することも可能なので、災害などもしもの時の備えとしても大変おすすめです。
【明るさ】約800lm
【重量】約1.2kg

クレイモア クレイモアウルトラ3.0M

無駄のないシンプルなデザイン。光量調節ボタンで明るさが調節でき、白色と暖色のLEDを同時に最大出力で点灯するターボモードにすることで、サイト全体を明るく照らすこともできます。モバイルバッテリー機能搭載です。
【明るさ】電球色・昼光色 50lm~1,350lm ターボモード(昼白色)100lm~2,700lm
【重量】540g

【軽量でコンパクト】ソロキャンプやテーブル用にも最適なLEDランタン

次にソロキャンプやテーブル用にも最適な、軽量でコンパクトなLEDランタンをご紹介します。

スーパーウェイ LEDランタン

ペットボトルの半分くらいの大きさほどの充電式LEDランタン。防水&防塵構造の丈夫な作りなので、水や泥、雪に落としても安心です。明るさも調整可能で、最小輝度で最長510時間なのも魅力です。モバイルバッテリー搭載で、スマホやタブレットの充電も可能です。
【明るさ】3色切替無段階調光
【重量】400g

WAQ LEDランタン2

4段階の調光が可能で、光量最大で1650ルーメン。シーンに合わせて最適な明るさと色味を調節できます。モバイルバッテリー性能、最大60時間連続使用できる大容量バッテリーと機能も充実しています。
【明るさ】250lm~1,650lm(昼光色時)
【重量】約600g(本体のみ:330g)

レッドレンザー ML4 LEDランタン

ハンドライトや天井への吊り下げとしても活用できるなど、軽量・コンパクトながらバリエーションが豊富なのが魅力。1~2泊の登山ではフル充電で問題ないですが、予備として電池や充電器と充電コードを用意すると安心です。
【明るさ】最大で300lm
【重量】71g

【キャンプサイトを盛り上げる】レトロでおしゃれなLEDランタン

次にキャンプサイトを盛り上げる、レトロでおしゃれなLEDランタンを厳選してご紹介します。

ロゴス ROSY ビレッジランタン 74175022

優しい色合いのグリーンカラーが目を引くレトロ感溢れるLEDランタン。まるっとした球形のフォルムから灯る暖色ライトが周囲を優しく照らします。お家のインテリアとして置いても◎。
【明るさ】250lm
【重量】540g

ベアボーンズ レイルロードランタンLED アンティークブロンズ

クラシックな雰囲気を漂わせるおしゃれな見た目が魅力。弱で100時間以上、強で3.5時間の駆動が可能。USB充電、温かみのある光を放ちます。
【明るさ】ルーメンHigh:200、ルーメンLow:35
【重量】920g

フィールドア LEDロッジランタン

山小屋にマッチするおしゃれなデザイン。バンブー(竹)素材の底部やレザー調のハンドルが高級感を漂わせます。ダイヤルを回して調光と調色可能。モバイルバッテリー機能を搭載。
【明るさ】最大時約370lm
【重量】(約)550g

【やわらかな光が心地いい】テント内に最適なLEDランタン

次にテント内に最適な柔らかい光を放つLEDランタンをご紹介します。

スノーピーク ほおずき ゆき

蝋燭の炎のような暖色系のあたたかな灯りが魅力。風が吹くとゆらぎ、辺りが静かになると光を抑えるおやすみモードを備えています。コードの長さを好みで調整できます。
【明るさ】最大照度100lm
【重量】165g(電池を除く)

【リラックス効果も】炎が灯っているようなLEDランタン

無印 LEDランタン

通常モードの他、ろうそくが灯っているかようなキャンドルモードを搭載。持ち運びに便利なハンドルとハンガーフックが付属しているので吊り下げることもできます。
【明るさ】最大約400lm
【重量】761g(電池含む)

MORIMORI LEDランタンスピーカー

デザイン性と機能性を兼ね備えたおしゃれな充電式LEDランタンスピーカー。iPhone、iPad、Andoroid などのスマートフォンからBluetoothスピーカー接続、音源再生が可能です。本物の炎のような優しい灯りがインテリアにマッチします。
【明るさ】30lm(最大時)
【重量】500g(ガラスグローブ装着)

【災害時にも役立つ】多機能LEDランタン

機能満載の多機能LEDランタンは災害時にも役立ちます。

UCO LEDランタン クラルス オレンジ

ハイビーム、ノーマル、ロービーム、ストロボと4つの点灯モードがあり、キャンプはもちろん、テント泊登山にも重宝します。グローブを伸ばしてランタとして、縮めればフラッシュライトとして使えます。
【明るさ】118lm
【重量】72g(電池含まず)

Naturehike  LEDランタン

充電式。レザー風のベルトで吊り下げて使ったり、ミニ三脚で固定して使用することもできますので、撮影の照明としても使えます。明るさ設定LOWで連続使用時間180時間。
【明るさ】最大1,300lm
【重量】約235g

【コスパ抜群】お手頃価格のLEDランタン

サブとして買うならコスパ重視で選びたい、という方におすすめのお手頃価格のLEDランタンをご紹介します。

100均のLEDランタン

セリアから販売している「LED ミニランタンナンバー」。ホワイトとグリーンの2色展開、ボタン電池3個が付属としてついているのですぐ使用できます。

スパイス スマイルLEDランタン

スマイル顔とポップなカラーが目を引くLEDランタン。帽子が取り外しでき、置いても吊るしても使える2WAY仕様。キャンプにはもちろん、子供部屋にも置いておきたい愛らしいLEDランタンです。
【明るさ】20lm
【重量】140g

まとめ

今回はキャンプ道具の必需品でもあるLEDランタンについてご紹介しました。
LEDランタンはキャンプにはもちろん、日常や災害時にも役立つため、一家に一台は持っていて損はありません。明るさやデザイン、機能性をポイントに、各部屋ごとに置いても良さそうです。
ぜひ参考にしてください。

こちらも合わせてご覧ください。

同じタグが付いた記事を読む