キャンプで役立つ!初心者でも使える便利で身近な持ち物

キャンプを楽しんでいるときに「あれを持ってくればよかった」といった経験はありませんか?

そういった経験はキャンプ初心者だけではなく上級者の方にもあるようです。

そこで今回は、キャンプの持ち物の中に入れるだけで役に立つ、家庭にもある道具をご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャンプ場のチェックアウト!時間より早く出る時に守ること

キャンプ場でも、ホテルなどで行うチェックアウトがあるのをご存知でしょうか。キャンプ場も立派な宿...

テントを選ぼう!登山で使えるおすすめのアイテムをご紹介!

テント泊登山では、日帰り登山では味わえない楽しみや貴重な経験ができます。テント泊登山は、夕焼...

スキレット利用!バーベキューのおすすめレシピ6選をご紹介

バーベキューのレシピは、レシピサイトやブログなど色々な場所で数多く紹介されていますよね。中に...

ロゴスのダッチオーブンはシーズニング不要で初心者向け!

キャンプ料理というとバーベキューだと思っていませんか。バーベキューももちろんおいしくて楽しい...

バーベキューでモテる女性の格好や行動についてご紹介!

バーベキューは、仲の良い友人同士や会社の企画などで、女性や男性が複数人で行うこともありますよね。...

コールマンのアタッチメントヒーターを改造しよう!

コールマンは、テントやランタンなど様々なアウトドア商品を販売しています。さらに、付属品として...

ノースフェイスの魅力!おしゃれなリュックをご紹介!

ノースフェイスは、国内に限らず、世界中で愛されている人気の高いブランドです。ダウンや山岳ジャ...

ホワイトガソリンと灯油は全くの別物!違いと注意点について

キャンプ用品で使用する燃料の「ホワイトガソリン」と「白灯油」。共に「白」や「ホワイト」と付い...

ニーモのタープ!シャドウキャスターの張り方が簡単で痺れる

ニーモ(NEMO)のタープが欲しいというキャンパーは多いです。ニーモのテントを購入して、その使...

コンロのグリルに火がつかない!その対処法は?

魚などの焼き物料理をする時に、便利で大活躍するのが、コンロのグリルですね。そんなグリルで料理中...

ダッチオーブンといえばユニフレーム製!錆びには強いの?

アウトドアでお馴染みの鍋「ダッチオーブン」ですが、その中でも初心者にもおすすめなのが「ユニフレーム...

バーベキューをしよう!初心者におすすめの場所や道具は?

初心者の方は「バーベキューを始めたい」と思ってもどこにいけばよいか何を用意したらよいのか、など迷...

クーラーボックス台は100均や代用でコスト削減!

様々なキャンプ道具を揃える中で、クーラーボックス台は購入しようか迷うアイテムの1つでもあります。...

スノーピークチェアのOEM版?スノーピークと何が違う?

アウトドア製品で人気の「スノーピーク」ですが、近年ではインテリアとしても人気がでてきています。...

パタゴニアのアウトレットが目白にも!?全国の店舗もご紹介

アウトドアブランドの中でも、高い人気のある「パタゴニア」。パタゴニアの製品は高品質なため、価...

スポンサーリンク

キャンプ初心者が下準備に役立つ持ち物

キャンプの際の下準備にあれば役に立つ持ち物をこちらでご紹介いたします。

1.丈夫な紐

「紐なんて何に使うの?」と思う初心者の方もいらっしゃるかと思いますが、キャンプでは意外と使う機会が多いです。

物を縛ってまとめたり、固定したり、物を干す際に使ったりと様々な用途に使用することができます。

持ち物の中に入れても、かさばって邪魔になることがないので、キャンプには持っていくことをおすすめします。

2.うちわ

キャンプでの持ち物に必需品の一つと言えます。

火を起こす際や、夏場では特に使用する機会が多いので、持っていくことをおすすめします。

3.ポテトチップス

「おやつ?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かにおやつとしても食べられますが、ポテトチップスは火を起こす際に非常に便利なのです。

着火剤がない時や切れてしまった時などにはポテトチップスに火をつけるとよく燃えます。

その反面、燃えすぎることがあるので注意が必要です。

4.蚊取り線香

キャンプは屋外でするので、虫がたくさんいます。

キャンプ中、「虫が嫌でキャンプを途中で切り上げてきた」という方も稀に見かけます。

そこで蚊取り線香をテントの前室や出入口の近くに設置することで、虫が寄り付かなくなります。

虫嫌いな方は特に持っていくことをおすすめします。

5.針金ハンガー

衣類を干す際にも使用できますが、キャンプ中には別の使い方もできます。

「針金」であることがポイントで、形を変形させて様々な用途に使用することができる万能アイテムです。

キャンプ料理を楽しもう!料理で使える持ち物をご紹介

キャンプ料理を作る際に役に立つ持ち物をご紹介いたします。

1.トング

料理を取り分ける際に使用しますが、その他の使い方として主に炭に使ったり、生肉を焼く際に使ったりします。

それぞれ別のトングを使わなければならないので最低でも3種類のトングを持っていくことをおすすめいたします。

2.キッチンペーパー

キャンプでは必須アイテムと言えます。

特にキャンプ初心者は持っていくことをおすすめします。

食器を拭いたり、食材をくるんだり、といった使い方だけではなく、テントの中の結露を拭くなど、使い方は様々です。

ティッシュペーパーよりも丈夫で吸水性もあるのでキャンプでは大活躍してくれます。

3.アルミホイル

キャンプにおいて万能アイテムの一つです。

お皿に敷いて洗い物を少なくしたり、ランタンに巻いて明るさを増したり、料理を作る際にも役に立ちます。

キャンプ用のアルミホイルもありますが、ご家庭にあるアルミホイルでも使えるので持っていくことをおすすめします。

キャンプ初心者が忘れがちな後片付けに役立つ持ち物

キャンプを楽しんだ後は、後片付けが必要です。

後片付けに役立つ持ち物をご紹介いたします。

1.ごみ袋

後片付けには必須道具といえるでしょう。

キャンプ場によってはごみを持ち帰らなければならないところもあるので、必ず持っていきましょう。

2.干しかご

中に魚などを入れて干すことで干物などを作るための網が張られたかごです。

キャンプ初心者の中には「キャンプで干物を作るの?」と思われるかもしれませんが、実際には別の用途で使います。

どのような用途かというと、食器などを中に入れて乾かすために使用します。

食器は濡れたまま片付けるとカビが生えることがあるので、家に持ち帰ってもう一度洗うということになります。

「キャンプ場の水は信用できないからもう一度洗う」という方はそれでもよいですが、家に帰ってからの手間を減らしたい方は持っていくことをおすすめします。

なお、雨天時は濡れない風通しのよい場所で使用しましょう。

3.ウェットティッシュ

汚れをふき取ったり、手を拭いたりと後片付け以外でも使用することができるので、持っていくと役立つでしょう。

アルコールが含まれているものと含まれていないものがありますが、アルコールが含まれていないタイプを持っていくことをおすすめします。

なぜなら、アルコールが含まれているもので食器などを拭いた場合、臭いが残るうえ、その上に食材を載せると味が変わってしまうこともあるためです。

キャンプ中にケガをしてしまった時に便利な持ち物

キャンプでは何が起こるか分かりません。

気を付けていてもケガをする可能性は充分に考えられます。

特に、初心者の方は無理して重いものを持つなどして、ケガをしてしまうということもあるでしょう。

そこで、もしけがをしてしまった時に使える便利な持ち物をご紹介いたします。

1.消毒液

消毒液はキャンプでは必須アイテムと言えます。

キャンプ中にケガをしてしまうと、どんなに小さな怪我でも化膿してしまうことが考えられますので、持っていくことをおすすめします。

2.ばんそうこう

消毒液とセットで持っていきましょう。

キャンプには大きいタイプと小さいタイプの2種類を持っていくのがおすすめです。

3.虫刺され用の薬

意外に忘れがちなのが、虫刺され用の薬です。

キャンプ中に注意しなければならないのは、ケガだけではありません。

屋外で活動するからには虫がたくさんいます。

中には毒を持っている虫もいるので、刺された時のために虫刺され用の薬を持っていきましょう。

キャンプ初心者でも気楽に楽しめる遊び用の持ち物

キャンプ場に来たからには外での遊びを楽しみたいものです。

そこで、キャンプに持っていくことで、子供から大人まで楽しめる遊び用の持ち物をご紹介いたします。

1.フリスビー

お子さんと一緒に楽しむことはもちろん、大人同士でも、ペットとも楽しむことができます。

広いキャンプ場だからこそできる遊びです。

キャンプでは定番となっている遊びですので、キャンプをより楽しみましょう。

2.水鉄砲

キャンプに行く際の持ち物の中に是非入れていただきたいのが水鉄砲です。

特に夏場のキャンプでは暑い季節に水をかけあえば、清涼感満載の遊びといえます。

3.ラジコン

普段と違う場所で遊ぶことで楽しさも倍増するはずです。

お子さんとも気軽に楽しむことができます。

ただし、キャンプ場の地面は平らではありません。

平らではないところでも動かせるタイプのラジコンを持っていきましょう。

4.ボードゲーム・カードゲーム

「せっかくキャンプに来たのに雨が降ってきて外で遊べなくなってしまった」というときは、ボードゲームやカードゲームが役立ちます。

などのテント内や屋内でも遊べる持ち物を持ってきましょう。

キャンプ初心者は、雨天時の過ごし方について考えておくことを忘れがちです。

あいにくの雨でずっとテントの中で過ごさなければならないときでも、ボードゲームやカードゲームがあれば楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

5.花火

夜の暗いなかでも楽しめるのが、キャンプの醍醐味と言えます。

キャンプ場によっては花火の使用を禁止しているところもあるので、事前に調べておくことをおすすめします。

使用する際は火の取り扱いには十分注意しましょう。

キャンプ初心者でも扱える簡単便利グッズ

キャンプをより手軽に楽しめるように、初心者の方でも簡単に扱える様々なキャンプグッズが市販されています。

その中からキャンプ道具の持ち物に入れると便利で役に立つグッズをご紹介いたします。

1.ポイズンリムーバー

毒虫などに刺された際の応急処置として使用することができるグッズです。

刺された箇所に押し当てて吸引することで、注入された毒や毒針を除去することができます。

しかし、あくまで応急処置なのでできるだけ早急に医師の診察を受けるようにしてください。

【ASPILABO(アスピラボ) アスピブナン APV1100000】

参考価格:2,186円

2.SOLRランタン

ソーラー充電やUSBによる充電が可能なランタンです。

こちらのグッズはLEDライト付きのマルチボトルで、小物などが収納でき、防水なので水に濡れても問題ありません。

水に落ちても浮くようになっているので、マリンスポーツなどでも使用することができます。

【SOLRランタン TREE】

参考価格:2,952円

3.ファイヤースターター

おそらくキャンプ初心者が一番苦労するのが「火おこし」ではないでしょうか。

ライターを使用して火を起こすこともできますが、忘れてしまったり、雰囲気を壊したりしたくないという方はファイヤースターターをおすすめします。

【LIGHT MY FIRE ファイヤースチールスカウト2.0 アーミー】

参考価格:2,916円

最小限の力で火花を発生させることができます。

発生する火花も大きく比較的簡単に着火させることができます。

また、一般的なライターと違い半永久的に使用することができます。

キャンプの時だけではなく非常用にも使えるのでおすすめのグッズです。

身近な物を使ってキャンプの楽しさを倍増させよう!

キャンプに行く際、持ち物の中にあると便利な物をご紹介してきました。

ポテトチップスが着火剤になったり、干しかごが食器の水切りかごになったり、意外な物が意外な用途で役に立つということが、ご理解いただけたかと思います。

今回ご紹介してきたアイテムは、どれも手に入れやすいものばかりです。

また、キャンプ初心者の方は「雨天時」の過ごし方も考えておくようにしましょう。

皆さまがキャンプを少しでも快適に過ごせることを願っております。