キャンプに行くならこんな持ち物が必要!初心者必見!

キャンプに行くとなると、いろいろな持ち物が必要になります。

キャンプ場によってはすべてレンタルすることもできますが、持ち物を揃えていく楽しみもありますよね。

初心者はすべてを一気に揃えるのは大変なので、優先順位を付けて手に入れていきましょう。

今回の記事では、キャンプに必要な持ち物から、あれば良い持ち物、なくても良いけどぜひ持っておいてほしい持ち物までご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

機能性アップ!モンベルのタープの特徴と小川張りの方法

日本のアウトドアメーカーとして、多くのアウトドアファンから人気があるメーカーがモンベルです。...

コールマンのガスコンロを修理依頼!費用や時間の目安は?

バーベキューやキャンプをするときに、あると便利なガスコンロ。コールマンのガスコンロで料理の幅...

トランギアが代表格!アルコールバーナーは五徳・風防が必須

トランギアのアルコールバーナーは登場から半世紀以上たつ現在でも多くのキャンパーを魅了し続ける製品...

コンロの火が点かないのはなぜ!?電池交換がポイント!?

自然の中でおいしい料理を楽しむことなども、アウトドアの醍醐味です。コンロがあると、アウトドアが...

キャンプの焚き火台は代用でOK!人気の手作り焚き火台

キャンプの醍醐味の1つとも言えるのが、焚き火ですよね。その焚き火をする上で重要となるのが、焚...

楽しいキャンプファイヤー!簡単レクで成功【中学生向け】

キャンプファイヤーは、小学生のうちから楽しめるキャンプの主役級イベントです。子供が中学生くら...

ユニフレームのダッチオーブン!サイズ展開は8インチから!

アウトドアメーカーのユニフレームからは、バーナーや焚き火台など、アウトドアでの活動をサポートする様...

残ったホワイトガソリンを保管したい!場所は物置で大丈夫?

キャンプや登山などで火を使いますが、その燃料の1つにホワイトガソリンがありますね。帰る支度を...

ツーバーナーが故障!コールマン製の修理方法

多くのアウトドアファンから愛されているコールマンツーバーナーは、火力も強くアウトドアの様々なシー...

SOTOのガストーチが便利!故障しても安心な2年保証付き!

キャンプやBBQなどのアウトドアでは、火を使う機会が多いと思います。火おこしにはガスバーナー...

バーベキューテーブルを作ろう!簡単な作り方をご紹介!

バーベキューをする際には、バーベキューテーブルがあると非常に便利です。しかし、市販されている...

バーベキューをより楽しむために!おしゃれなグッズをご紹介

休日を利用して家族や仲間たちとバーベキューを楽しむ方が増えています。楽しく会話をしながら屋外...

テントを選ぼう!登山で使えるおすすめのアイテムをご紹介!

テント泊登山では、日帰り登山では味わえない楽しみや貴重な経験ができます。テント泊登山は、夕焼...

バーベキューコンロ選びに役立つ人気のコンロ5選をご紹介!

アウトドアギアでテントの次に重要なのは、バーベキューコンロといってもよいでしょう。近年、アウ...

知らないと危険!コールマンのガス缶の処理と捨て方とは?

キャンプでランタンを灯しながら、バーベキューやキャンプならではの料理を堪能して、楽しい時間を過ご...

スポンサーリンク

初心者はまずは必要な持ち物を揃えよう

キャンプブームが到来しているといわれています。

ひとりの時間を楽しむソロキャンプなどが注目され、キャンプを始める人が増えています。

これからキャンプを始めたいと思っているのであれば、まずはキャンプ道具を揃えなければなりませんね。

キャンプ場に着いてから、あれがない、これがない、と騒ぐのはよくあることですが、できるだけ忘れ物は少なくしたいものです。

準備する段階で、持ち物リストを作っておくと、忘れ物も少なくて済むかもしれません。

そして、キャンプには「必要な持ち物」と「あった方が良い持ち物」、「あれば便利な持ち物」があります。

あれば便利な持ち物は、あった方が良いのですが、初心者の段階ですべて揃えようとするとお金もかかって大変です。

まずは絶対に必要な持ち物から揃えて、状況に応じてあれば便利な物を揃えていきましょう。

キャンプにマスト!初心者はここから揃える!

それでは、キャンプに必要な持ち物を見ていきましょう。

・テント

これは必ず準備しておきましょう。

少し値が張ったとしても、良い物を買っておくと長く使えます。

スノーピークの物は、品質が高く耐久性もあるためおすすめです。

初心者向けのテントもあります。

・タープ

日よけや雨よけになり、キャンプにおけるリビングの空間を作ります。

ソロキャンプなどでは持っていかない人もいるようです。

・グランドシート

テントの下に敷くことで、汚れや浸水を防ぎます。

・マット

地面の状態が悪くても眠るために必要です。

・シュラフ

真冬以外は使える3シーズンシュラフがおすすめです。

・エア枕

安眠のためには、枕は意外と重要です。

・ペグ&ペグハンマー

普通のハンマーや硬いハンマーではペグに傷がつくのでNGです。

専用のペグハンマーを使いましょう。

・照明

LEDランタンなど、使い勝手の良い物がいろいろあります。

夜のキャンプ場は思ったよりも暗いものです。

3つは用意して、以下の用途で使うのがおすすめです。

①大きな照明(全体を照らす)

②テーブル照明

③手元灯

こまごまとした物もキャンプには必要な持ち物

続いて、キャンプに必要な持ち物をご紹介します。

次にご紹介するのは、調理関係の持ち物と小物です。

・熱源

ガスバーナーやバーベキューコンロなどです。

・クッカー

フライパン、炊飯できる鍋)、コッヘルセットは最低でも用意しましょう。

・調理道具

包丁やまな板、フライ返しや菜箸などです。

・調味料

食用油と塩は最低限必要です。

小分けになっている物や小さなボトルになっている物がおすすめです。

・食材/米

三食すべてをキャンプで用意するのであれば、あらかじめメニューを決めて食材を用意しましょう。

・食器

紙皿や割りばし、紙コップでOKです。

・洗剤/スポンジ/たわし

洗剤だけでなく、スポンジも一緒に用意しましょう。

環境にやさしい洗剤がおすすめです。

・ゴミ袋

必ず持っていって、ゴミは持ち帰りましょう。

・クーラーボックス

食材や飲み物を保冷するのに必要です。

夏場では常温で置いておけませんので、必需品です。

・救急箱

アウトドアでは、怪我をすることも考えられます。

絆創膏や常備薬などは用意しておきましょう。

・ライター/マッチ
・雨具
・タオル
・ティッシュ/ウェットティッシュ/トイレットペーペー

上記以外にも必要な物はあるかと思いますが、最低限これがあれば何とか初心者でもキャンプできるのではないでしょうか。

あった方がキャンプが楽しめる持ち物

前項では、キャンプに必要な持ち物をご紹介しました。

次にご紹介するのは、「あった方が良い持ち物」です。

「あれば便利」よりは必要度が高い持ち物ですので、こちらも併せて用意しておくことをおすすめします。

・テーブル

落ち着いて食事をするためには、やはり必要です。

ハイスタイルとロースタイル、2段階の調節できるテーブルが使いやすくておすすめです。

・チェア

ハイスタイル、ロースタイルとありますので、どのようなスタイルでくつろぎたいのかによってチェアを選びましょう。

・焚き火台

火を見るためにキャンプに行く、という人も多いです。

焚き火台は、初心者でもぜひ手に入れてほしいギアです。

火を見ながらゆったりと過ごす時間がキャンプの醍醐味といっても良いです。

・ケトル

鍋でもお湯を沸かすことはできますが、お湯は使用頻度が高いためケトルがあると便利です。

おしゃれなデザインの物がたくさんありますので、お気に入りを見つけてください。

・ウォータータンク

キャンプ場によっては水道が遠く、水を汲みにいくのが大変な場合があります。

手を洗ったり調理に使ったりするのに、ウォータータンクが役立ちます。

・虫よけスプレー

キャンプでは、季節によって虫に悩まされることが多くあります。

天然成分の虫よけスプレーが肌にもやさしくておすすめです。

・軍手/耐火グローブ

作業や焚き火をする際に手を守ってくれます。

・ラップ/アルミホイル

お皿代わりにしたり調理に使ったりと、何かと便利なアイテムです。

キャンプの快適性がグッと上がる持ち物

次にご紹介するのは、「あると便利な持ち物」です。

より快適にキャンプを楽しむために、持っていると便利な持ち物です。

・ハンギングドライネット

いわゆる干物網のような物です。

洗ったお皿などを入れて乾かしておくのに便利です。

吊るしておくとサイトにキャンプ感が出ます。

・コット

持ち運びできるアウトドア用のベッドです。

地面から浮いた状態で眠れますので、ゴツゴツ感や冷気の影響を受けずに快適に睡眠を取ることができます。

また、ちょっとしたベンチになったり荷物置き場として使うこともできます。

・ランタンスタンド&ランタンハンガー

ランタンを吊るしておくスタンドです。

昼間はドライネットなどを吊るしておくこともできます。

・チャコスタ

炭に火をつけるのは意外に難しいものですが、これがあれば初心者でも簡単に火を起こせます。

・ガムテープ

キャンプ道具に応急的に修繕が必要になったときなどあると便利です。

車に積んでおくと良いですよ。

キャンプを楽しむために初心者でも持ってほしい持ち物

さて、最後にご紹介するのは「なくても良い持ち物」なのですが、キャンプの時間を楽しむためには、ある意味とても大切な持ち物であるといえるのではないでしょうか。

・コーヒーセット

キャンプに行ったら、コーヒーはマストです。

屋外で豆から挽いて飲むコーヒーは格別です。

コーヒー好きにはぜひぜひおすすめします。

キャンプで飲むコーヒーはいつもと同じ豆なのに、なぜかいつもよりおいしく感じるはずです。

コーヒーミルやドリッパーは、なくても良い持ち物ではありますが、コーヒー好きには必需品であると言えます。

初心者は道具を揃えるのが大変なので、まずはドリップコーヒーでもOKです。

キャンプで飲むコーヒーのおいしさを味わってみてください。

・酒盛りセット

キャンプの夜は、静かな大人の時間でもあります。

ビールや日本酒をおいしく飲むチタンマグや、ウイスキーの雰囲気を壊さない割れないグラスなどもあります。

飲んで騒ぐのは論外ですが、夜空を見ながら飲むお酒はいつもと違う味がするはずです。

こういった持ち物はなくても困りはしませんが、このためにキャンプに行くという人もいます。

そういった意味ではマストアイテムなので、お好きな人はぜひこういった持ち物も揃えてくださいね。

忘れ物が心配ならレンタルを!

キャンプでは、どんなにしっかり用意したと思っても忘れ物をしてしまうかもしれません。

そんなトラブルも、キャンプの醍醐味と割り切って楽しむのもアリですね。

もし心配でしたら、キャンプグッズのレンタルを行っているキャンプ場を選びましょう。

足りない物や忘れてしまった物はレンタルすればOKです。

忘れ物を気にするよりも、キャンプを楽しむことが最優先ですね。