ランタンは手作り可能!牛乳パックや空きビンを使おう!

キャンプの夜を、明るく照らしてくれるランタン。

そんなランタンを、自分でも手作りできることを、ご存知でしょうか?

この記事では、牛乳パックや空きビンなどの様々な材料を使った、ランタンをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バーベキューを楽しめる!盛り上がり必至のおもしろグッズ!

仲間で集まって行うバーベキューはとても楽しいものですよね。わいわいと火を囲みながら美味しいご...

故障したコールマンのガスランタンを自分で修理する方法

キャンプなどのアウトドアシーンで、照明として大活躍してくれるのがランタンです。そんなランタン...

コールマンのマットは空気入れが簡単!キャンプで快眠しよう

コールマンは、キャンパーに人気の高いアウトドアブランドです。もとはガソリンランプの販売を行...

コールマンの鍋を使ったおいしいご飯炊き方

キャンプでのバーベキューで、欠かせないものの1つに挙げられるのは「ご飯」ではないでしょうか。焼...

キャンプファイヤーのゲーム!小学校低学年児のおすすめは?

キャンプファイヤーで、和気あいあいと楽しんで、歌を歌ったりした記憶は多くの人がお持ちなのではないで...

ファミリーキャンプにタトンカ1TCタープ!ハトメで強度UP!

キャンプにおいてタープは、直射日光を遮ったりちょっとした雨除けにしたりと、非常に有用なグッズです...

トランギアストームクッカーで炊飯や料理を楽しもう!

キャンプの醍醐味の1つに、料理もありますよね。キャンプで料理を作る際に便利なアイテムが、トラ...

バーベキューの食材はリストを参考に買い出ししよう!

炭火で焼く肉や野菜が楽しめるバーベキューですが、準備として食材の買い出しをしなければなりません。...

スノーピークの人気テント!『トルテュライト』の設営方法

日本のアウトドアメーカーとして、多くのアウトドアファンから人気があるスノーピーク。そんなスノ...

バーベキューで旨い肉を食べよう!こだわりの焼き方をご紹介

バーベキューの醍醐味と言ったら、お肉ではないでしょうか。屋外で食べる、バーベキューならではの...

小川張りをマスターしよう!タープの張り方はカンタン!

キャンプといえば、まずテントやタープが必要です。テントやタープの機能も大切ですが、テントやタ...

コールマンのクラシックテントが人気!口コミで高評価な理由

最近の雑貨などでは、60年代や70年代などのヴィンテージなデザインが人気ですよね。キャンプで...

これで長持ち!スノーピーク「まな板セット」のお手入れ方法

洗練されたデザインと、品質の高さが人気のアウトドアメーカー「スノーピーク」。そんなスノーピーク...

キャンプをより快適に過ごすためのテーブル!おすすめは?

キャンプやバーベキューでなくてはならないものの1つがテーブルです。使いやすく機能的なテーブル...

コールマン人気のテーブルは組み立て方式?折りたたみ方式?

アウトドアにおいて、リビングの要ともいえるのがテーブルです。テーブルを広げると、自然と家...

スポンサーリンク

キャンプに必要?ランタンの役割

ランタンは、キャンパー達からかなり愛用されています。

しかし、あまりキャンプをしない方のなかには、ランタンがキャンプに必要なのか、疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

ここではまず、ランタンがキャンプに必要な理由を、お話していきますね。

たいていのキャンプ場やキャンプサイトには、必要最低限の灯りしかありません。

そのため、夜は真っ暗に近いくらい、とても暗くなります。

周囲が暗いからこそ、満点の星空を見ることができるのですが、十分な灯りがなければとにかく不便で危険なのです。

「BBQで何を焼いているかわからない」や「何かにつまずいて転んだ」というように、自分自身の身の危険にもつながりかねません。

日常生活では、あまり気にとめないように思いますが、キャンプでは、灯りの大切さにおおいに気づかされます。

ですから、自分や一緒にキャンプに来た家族や仲間を守るためにも、ランタンは必要なのです。

ランタン自体は、牛乳パックなどで手作りすると、コストもあまりかからないので、初めてキャンプに行く方にもオススメですよ。

1つじゃだめ?キャンプに必要なランタンの数

一般的なキャンプに必要なランタンの数は、3つです。

なぜ3つ必要かというと、ランタンを配置すべき3つのポジションがあるからです。

そして、そのポジションごとに適したランタンを、選ぶ必要がありますので、それをここでご紹介しますね。

1つ目のポジションは、「メインランタン」です。

メインランタンの役割は、キャンプサイト全体を照らすことです。

ランタンポールなどに吊り下げ、高い位置にランタンを配置します。

このポジションには、光量が大きい「ガソリンランタン」や「ガスランタン」が適しています。

2つ目のポジションは、「テーブルランタン」です。

テーブルランタンの役割は、テーブルの上に配置し、料理や身の回りのものを照らすことです。

ここでは、「ガスランタン」や「キャンドルランタン」がオススメですよ。

3つ目のポジションは、「テント内ランタン」です。

テント内ランタンの役割は、テント内に十分な明るさを確保することです。

ここで適しているランタンは、電気・電池で動く「LEDランタン」です。

ガソリン・ガスランタンの燃料系ランタンは、火事や一酸化中毒を引き起こす可能性がありますので、使用は避けましょう。

以上の3つのポジションに、ランタンが必要ですが、コストを少しでも抑えたい方には、ランタンを手作りすることをオススメします。

メインランタンには、光量が多いものが適しているので手作りは無理ですが、他の2つのポジションのランタンであれば、手作り可能です。

牛乳パックなどで簡単に作れますので、次からご紹介していきますね。

テーブルランタンを手作りしよう!

それでは、ここからランタンを実際に手作りする方法を、ご紹介していきます。

まずは、テーブルランタンです。

先ほどもお話しましたが、この役割は、テーブル上のものを照らすことです。

ですから、そんなに光量が大きくないものでも、十分対応できます。

最近は、LEDランタンも主流になってきていて、しかも、100円均一のお店には、キャンドル型のLEDライトも取り扱っています。

今回は、そのキャンドル型のライトを使った、LEDランタンをご紹介しますね。

用意するものは、この3つだけです。

・キャンドル型のLEDライト
・ジャムの入れもののような空きビン
・ワイヤー

作り方もシンプルで、ワイヤーで本体の持ち手を作り、ライトをビンの中に入れるだけです。

これだけで、テーブルランタンのでき上がりです。

空きビンがない場合は、キャニスターなどでも可能です。

ここでの材料は、100円均一のお店で全て購入できますので、300円以内でランタンが作れてしまいます。

既製品のランタンを購入するよりも、相当安く済みますよね。

テーブルランタンはテーブルに置いてしまうので、必要なければ持ち手がなくても支障はありません。

また、ビンの周りにセロハンなどで装飾しても、暗い中でライトを点けると、幻想的に光りますよ。

お好みで調整してください。

次は、牛乳パックを使った、テーブルランタンのご紹介です。

牛乳パックで手作り!テーブルランタン!

引き続き、手作りのテーブルランタンをご紹介します。

ここでは、ご家庭でもよくある、牛乳パックを使った方法です。

また、テーブルランタン用ですので、置くタイプのLEDランタンを、ここではご紹介します。

お子さまでも作れるくらい簡単なものですので、キャンプの際に、お子さまにお願いするもオススメですよ。

キャンプにランタンの材料を持って行き、大人の方々がご飯の準備をしているときに、お願いしてみましょう。

ヒマな時間もなくなりますし、工作が嫌いな子もそんなに多くいませんので、お子さまたちも喜んで作ってくれることでしょう。

使うものはこちらです。

・牛乳パック 1Lのもの
・キャンドル型のLEDライト
・セロハンや紙ナプキン
・カッター(はさみでも可)
・セロハンテープ

作り方は次のとおりです。

①牛乳パックの上の屋根の部分と、底の部分を切り取る。

②牛乳パックの中央付近に、大きめのお花などの形を切り取る。

③切り抜いた部分に、セロハンや紙ナプキンを貼りつける。

④テーブルの上にキャンドル型のライトをセロハンテープで固定し、そこに牛乳パックをかぶせれば完成!

こちらも、非常にコストを抑えて作ることができます。

ぜひ、手作りのランタンの灯りで、キャンプのひと時を過ごしてみてはいかがでしょう。

牛乳パックで手作り!テント内ランタン

ここからは、テント内ランタンを手作りする方法です。

テント内ランタンは、テーブルランタンよりもさらに、光量が少なくてOKですので、手作りには最適です。

テント内という、狭い空間を照らすだけなので、優しい灯りのLEDランタンはとても適しているでしょう。

しかし、テーブルランタンと違うポイントは、テント内ランタンは吊り下げる必要があるということです。

そのため、テーブルランタンの作り方に、「持ち手をつける」作業が増えるのです。

ここでは、牛乳パックでテント内ランタンを手作りする方法をご紹介します。

用意するものは、先ほどのものの他に、ホチキス、ヒモを用意します。

作り方も①②③までは同じです。

テント内ランタンの場合は、この後作業がかわりますので、④からお話を始めます。

④①で切りはなした屋根の部分から、4cm×2cmほどを2つ切り取り、真ん中に折り目をつけます。

⑤牛乳パックの底辺と真ん中の折り目を合わせ、ホチキスでとめます(反対側も同様)。
※この取りつけた部分が、タブです。

⑥②で切り取った形に、⑤でつけたタブを差し込む切り口を入れるので、位置を確認しながら行ってください。

⑦残った屋根の残りで、ライトをのせる台を作り、中央に貼りつけます。

⑧⑤のタブを差し込んで、組み立てます。

⑨最後に、牛乳パックの上に穴をあけ、ヒモを通し結べば完成です!

牛乳パック以外のものでも作ってみよう!

これまで、空きビンと牛乳パックでランタンの手作りのしかたを、ご紹介してきました。

ランタンは、灯りと入れものさえあれば、作ることが可能です。

他にも、どのようなものでランタンを作れるか、ここでお話していきます。

1つ目は、ブリキ缶や空き缶です。

空き缶の場合は、上部を切り取っておきます。

ブリキ缶や空き缶の側面に、キリで穴をいくつか開けていき、ライトを入れます。

これだけでも、ランタンができてしまいます。

2つ目は、電球です。

100円均一のお店でも、電球型のビンが売られていますので、手軽に購入できますよ。

さらに、ランタン用のオブジェや、専用のLEDライトも取り扱っていますので、全てそろえても300円程度で、本格的なランタンを作ることができます。

そこに、ペイントや転写シールを貼るだけで、よりお洒落なランタンになりますよ。

3つ目は、ペットボトルです。

ペットボトルにライトを当てると、驚くくらい明るくなるのです。

ペットボトルに少量の水を入れ、上部も懐中電灯を固定し、スイッチを入れるだけでランタンになります。

また、スパンコールなども一緒に入れると、キラキラして綺麗ですよ。

懐中電灯がなければ、スマートフォンのライトでも、代用できます。

キャンプ時に、急きょランタンが必要になった場合は、ペットボトルランタンが活躍間違いなしですね。

手作りランタンでキャンプも華やかに!

ランタンを手作りすると、簡単なうえ、コストもかなり抑えられますよね。

さらに、手作りのものだと、愛着もかなり湧くことと思います。

使う材料やアレンジ次第では、お洒落なものだったり、カラフルなものだったり、様々なランタンができ上がることでしょう。

ぜひ、ランタンを手作りして、キャンプの色をより華やかにしてみませんか?