コロンビアのオムニヒートは自宅で洗濯しても大丈夫?

コロンビアのオムニヒートなど、最近は機能性素材を使った服が増えてきました。

スポーツ用の服では保温性の高いものや、吸水速乾に優れたものなど、機能性素材が使われるのはもはや当たり前ですが、最近では普段着の服にも使われています。

こういった機能性素材の服は、自宅の洗濯機で洗濯できるのでしょうか?

長く着用するためにも、正しい洗濯、保管方法を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャンプはトレーラーで楽しむ?ブログからその魅力を探ろう

キャンプ場などで、乗用車とトレーラーが連結している「キャンピングトレーラー」を見たことはありませ...

釣りの必需品『道具入れ』!タックルボックスが優秀すぎる

釣りをしたことがある人であれば、釣りをするために必要な道具が多いということをご存知でしょう。...

スノーピークで人気ランタンのノクターン!風で炎が消える?

キャンプで夜を過ごすとき、自然の中は大変暗いので、灯りをともす道具は必需品です。ライトを使用...

コールマンの鍋を使ったおいしいご飯炊き方

キャンプでのバーベキューで、欠かせないものの1つに挙げられるのは「ご飯」ではないでしょうか。焼...

マムートの福袋はどこで買える?2018年の情報大公開!

アウトドアブランドであるマムートの福袋、実は直営店では販売していないことをご存知でしょうか。福...

意外と簡単!ザンバランの登山靴のお手入れ方法をご紹介!

登山の後、みなさんはどのように登山靴のお手入れをしていますか。特にお手入れをせずに、そのまま...

キャンピングカーより気軽に!ミニバンを改造して出かけよう

アウトドア人気の高まりとともに、キャンピングカーの人気も高まっています。しかし、大きなキャン...

サロモンのハイドレーションパックの付け方を徹底解説!

近年、マラソンがとても人気のスポーツとして注目されています。マラソンはシンプルなスポーツです...

雨の日に大活躍!コロンビアのポンチョのたたみ方

キャンプやフェスなど、野外で過ごすときにどうしても避けられないのが「突然の雨」です。そんな時に...

石油ストーブの使用は芯の調整などの取り扱いがポイント!?

冬場のアウトドアなどでよく見かけるストーブ。なかでも石油ストーブは、火力の強さなどから人気が高...

大人気ブランドモンベルのツオロミーブーツ!その評判とは?

近年、アウトドアに出掛ける人が増加しています。アウトドアにでかける時に、重要な物の一つが靴で...

キャンプもカメラも楽しむ!女子ソロキャンプの動画を撮ろう

近頃は、「キャンプ女子」「カメラ女子」のように、今まで「男性の趣味」と思われていたことにも、どん...

スノーピークの鍋+フライパンセット!気になるお手入れは?

登山やキャンプなどのアウトドアの調理では、たくさんの調理道具を使うわけにはいきません。そのた...

話題のサーモス製のポットの魅力や分解洗浄方法をご紹介!

寒い時期に温かい飲みものは必需品ですよね。しかし、時期が時期だけに温かい飲みものはすぐに冷め...

登山のお供にコールマンスポーツスター!使い方もレクチャー

登山の醍醐味の1つに、頂上でコーヒーを飲むことも挙げられますね。淹れ立てのコーヒーをご来光を...

スポンサーリンク

コロンビアのオムニヒートってどのような機能性素材?

オムニヒートは、その名前から想像がつきやすいですが、主に冬用に必要とする素材です。

身体の熱を反射させて、ウェア内を温かく保つことができるテクノロジーなのです。

アルミニウムを、ドット状のパターンにして裏地に使用し、身体の熱を効果的に蓄えて反射させ、高い保温性を実現しました。

コロンビアのホームページでは実験状況も公開されていますので、もし気になる場合はご覧になってください。

さらに、通気性にも優れた生地を使用し、湿気や余分な熱を放出することにも成功しています。

最近では、高いストレッチ性もくわえて、運動性にも優れた「オムニヒートストレッチ」も誕生しました。

似たような機能性素材は他のメーカーからも発売されていますが、オムニヒートはコロンビアが独自に開発したテクノロジーで、2018年現在、特許出願中です。

アウトドアにはもちろん、普段使いにもお勧めのオムニヒートには、どのような製品があるのでしょうか。

また、「それだけ高性能な素材は自宅での取り扱いが難しいのではないか」という疑問も、もたれるかと思います。

簡単に洗濯ができるものなのか、扱い方も気になるところですね。

以降で順に解説していきましょう。

コロンビアのオムニヒートはどんな製品に使われているの?

コロンビアのオムニヒート技術は、アウターのジャケット以外にも、帽子や手袋、靴など、様々なアイテムに使用されています。

中綿、ダウンジャケットや、薄手のウィンドブレーカー、コートやスカートなど、大抵のアウターには利用されています。

手袋や靴にも利用されてきており、通気性にも優れていることから、冬の防寒具として人気のアイテムになってきました。

冬のウインタースポーツにも利用されており、筆者自身も雪山の登山で利用することがありますが、十分な保温性と発汗性があるので重宝しています。

他のメーカーでも同じような機能性素材の製品がありますが、他のメーカーに比べて比較的価格が抑えられているため、購入しやすいメリットもあります。

また、実際に雪山登山で使用してよかったと思う点は、生地が薄いため、ゴワゴワせず動きやすく、畳むとコンパクトになるので荷物になりにくい点があります。

雪山では荷物が多くなりがちですので、かさばらないコンパクトなアウターは大変ありがたいですね。

「このような特殊な素材が使用された製品は取り扱いが難しいのでは?」と思われるかもしれませんが、一般的な洋服とそれほど違いはなく、特別な洗濯方法や保管方法はありません。

それでは次に、洗濯についてご紹介します。

オムニヒート製品は洗濯できる?クリーニングに出すべき?

コロンビアのオムニヒート製品は自宅で洗濯ができます。

服には洗濯表示が必ずついており、外からは見えないように、服の内側についています。

それを見るとわかりますが、大抵は、手洗い表示、アイロン・ドライクリーニング不可、漂白剤や柔軟剤使用不可の表示となっています。

手洗い表示なら洗濯できますので、洗濯機の手洗いコースや弱コースを使用して洗濯をしましょう。

洗濯の際には、他の洗濯物と絡まってしまうことや、中綿ジャケットの場合、綿がかたよってしまうこともありますので、洗濯ネットを利用します。

できれば生地に負担をかけないように、脱水は短めに設定し、脱水が終わったらバスタオルなどでくるみ、タオルで水分をとる方法がおすすめです。

もちろん、クリーニングに出しても問題ありませんので、普段は手洗いで、シーズンオフでしばらく着用しないときは、クリーニング店でしっかり洗ってもらうのもいいですね。

洗濯乾燥機は使用しても大丈夫?アイロンはかけられるの?

オムニヒート製品の洗濯表示には、「タンブラー乾燥とアイロンは使用不可」の表示がされていますので、使用しないようにしましょう。

・タンブラー乾燥とは

タンブラー乾燥とは、洗濯槽を回しながら熱風をあてて乾かす方法です。

コインランドリーの乾燥機がそれにあたります。

最近では、自宅の洗濯機にも乾燥機能が搭載されているものもありますので、それも同じく使用禁止です。

万が一、乾燥機をかけてしまうと、生地の痛みや縮みが起こり、風合いが変わってしまいますので、乾燥機は使用しないようにしましょう。

・アイロンは素材によっては使用OK

オムニヒートは裏地に使用されていますので、場所によってはアイロンが使用できる場合があります。

こういった取扱方法は、商品に付属の洗濯表示や、購入時についているコロンビアの下げ札に詳細が書かれています。

特に下げ札は注意事項が書かれていることが多く、読まずに捨ててしまう人が多いですが、捨ててしまう前に内容をよく確認するようにしましょう。

オムニヒート製品の洗濯後やシーズン後の長期保管方法

オムニヒート製品は乾燥機が使用できませんので、自然乾燥で乾かします。

洗ったあとは太陽の光が当たるところに干したくなりますが、実はこれは生地の劣化を早める行為なのです。

コロンビアのオムニヒート製品だけではなく、普段着用している洋服にも同じことが言えますが、直射日光を長時間あてると、直射日光には紫外線が含まれていますので、生地が変色を起こしてしまいます。

特に、黒い服だとわかりやすいのですが、色あせてしまうことはありませんか?

1度、直射日光に当ててしまっただけでは変色しませんが、何度も繰り返されることで、生地が変色してしまいます。

洗濯物を干すときだけではなく、普段着用しているときも、外出時は紫外線に当たっています。

標高の高い山で着用している場合は、紫外線も強くなっていますので、生地の劣化は早くなります。

洗濯後は風通しがよく、直射日光の当たらない場所で干すようにしましょう。

シーズンが終わり、長期間着用しないときは、しっかりと服を乾燥させます。

クリーニング店から戻ってきたものも、ビニールから出し、半日ほど乾燥させるようにしましょう。

アウターはできるだけハンガーにかけ、ホコリがかからないようにカバーをかけて収納します。

ハンガーはギュウギュウにならないよう、隙間があくようにかけておきましょう。

湿気がカビや臭いの原因となりますので、なるべく風通しのよい方法で保管してください。

コロンビアの機能性素材はオムニヒートだけではない!

コロンビアの機能性素材は、オムニヒートだけではなく、他にもたくさんの機能性素材があります。

・WARM

体の熱を利用したコロンビア独自開発の保温機能

・DRY

蒸れずに濡れない、ウェア内外を快適にする防水、吸湿速乾機能

・COOL

汗や水分を利用して温度を下げるコロンビア独自開発の冷却機能

・PROTECTED

汚れや、水、紫外線、風などを防いで、アウトドアを快適にする機能

大きいくくりで、これら4種類となりますが、この4種類がさらに細かく分類されています。

これらの機能性素材は、普通の素材と比較して若干価格は高くなりますが、洗濯や保管方法をきちんとすれば、長く愛用することもできます。

最近は「クールビズ」や「エコ」などが目的で、衣類で体温調整しなければいけない場面も増えてきました。

こういった機能性素材を使用することで、体温調節がしやすくなってきています。

スポーツやアウトドアのとき以外でも、普段着として使用することもできますので、普段から積極的に取り入れていってもよいかもしれませんね。

オムニヒートはアウトドアやスポーツに適した素材である

コロンビアのオムニヒートは、保温性だけではなく吸水速乾性も兼ね備えていることから、スポーツにも適しています。

保温性だけの機能性素材では、体は温まるものの、汗をかいたときに乾きにくく、汗が冷えて体を冷やしてしまいます。

寒い場所で汗をかくような場合は、コロンビアのオムニヒートはおすすめです。