CATEGORY

ガス缶

  • 2019年5月6日

低燃費なジェットボイル!ガスの詰め替えでさらにお得に?

アウトドアでの湯沸かしで圧倒的な燃費を誇るのが、モンベルから販売されているジェットボイルです。少しの燃料ですぐにお湯を沸かせるため、人気のツールですよね。そんなジェットボイルのネックは、OD缶のランニングコストです。そこでこの記事では、OD缶にCB缶のガスを詰め替えることによって、お安くアウトドア調理を楽しむ方法についてご紹介します。

  • 2019年4月30日

コールマンのガス缶をお得に使う方法!ガスの詰め替え手順

アウトドアで役に立つコールマンのガストーチやガスランタンですが、燃料のガス缶が高価であるため、ランニングコストをネックに感じている方もいらっしゃると思います。コスパよくガス機器を使う方法として、安価に入手できるカセットガスをアダプターで取り付けたり、ガス缶を詰め替えて使うという方法があります。この記事では、カセットガス缶を利用してアウトドア用ガス機器を安価に使う方法をご紹介していきます。

  • 2019年2月4日

コールマンのOD缶を再利用!CB缶のLPガスを詰め替える方法!

コールマンなどから販売されているガストーチやガスランタンは、OD缶のLPガスを燃料としています。しかし、OD缶は案外高価ですし、使いかけのOD缶は使い切る機会があまり無かったりと、不便な面もありますよね。そこでおすすめなのが、安価なCB缶からOD缶にガスを詰め替えたり、使いかけのOD缶のガスを1つにまとめたりすることができる器具です。こういった器具を利用して、お得にアウトドアを楽しんでみましょう。

  • 2019年1月15日

キャンプで使用するガス缶、処分の仕方は?

キャンプで使用するガス缶ですが、正しい処分の仕方をご存知でしょうか?ガス缶燃料を使ったランタンやバーナーは使い方も簡単で高機能で、とても便利ですよね。今回は、使用後のガス缶の、正しく安全な処分方法についてご紹介します。

  • 2019年1月15日

キャンプの必需品!ガス缶の知識と正しい廃棄法

キャンプやアウトドアライフに欠かせないガス缶は、手軽で便利で入手のしやすい燃料として、今や日常生活においても、また防災グッズとしての需要も高まっています。手軽で便利なガス缶ですが、やはり可燃性の液化ガスが詰まった危険物であり、取り扱いを間違うと取り返しのつかない事故につながります。ここでは、キャンプを始め、アウトドアシーンの必需品ガス缶の取り扱いや安全な廃棄方法についてご紹介します。

  • 2019年1月15日

スノーピークと他社の燃焼器具とガス缶の互換性はあるのか?

キャンプや登山で使用するガスカートリッジは、様々なメーカーから発売されていますが、メーカーの違うガス缶って使えるのでしょうか?ガス商品を扱うメーカーによっては販売店が決まっており、近場では手に入りにくいメーカーのガス缶もあると思います。そんなとき、「他社のガス缶が使えたら」と思うことがありますよね。今回はスノーピークと他社の燃焼器具とガス缶の互換性を知っておきましょう!

  • 2019年1月15日

今さら人に聞けないスノーピークのガス缶の違いと使い分け方

ガスバーナーやガスランタン、その他にもアウトドアシーンでは多くの場面でガス缶を使用します。実は、そのガス缶に種類があることを知っていますか?ガス缶を選び間違えると、バーナーやランタンに火が灯せないこともあります。そんなトラブルに遭う前に、スノーピークのガス缶の種類と違い、使い分け方について理解をしておきましょう!

  • 2019年1月15日

プリムス等のOD缶に他のCB缶・OD缶からガスを詰め替える方法

プリムスやスノーピーク等から販売されているOD缶は、アウトドアで非常に便利なガス缶です。アウトドアユースを考慮した強度や、寒冷地でも安定した出力が出ることから、お世話になっている方も多いのではないでしょうか。しかし、OD缶は便利な反面、高価という弱点があります。そこで、安価なCB缶のガスをOD缶に詰め替えてコスパを上げたり、中途半端に残っているOD缶のガスを1缶にまとめる方法をご紹介します。

  • 2019年1月15日

知らないと危険!コールマンのガス缶の処理と捨て方とは?

キャンプでランタンを灯しながら、バーベキューやキャンプならではの料理を堪能して、楽しい時間を過ごすという方もいるでしょう。しかし、キャンブへ行く度に、ガス缶を新調という事を繰り返していく内に、ガス缶の捨て方がよくわからずに家に溜まっていくという事はありませんか?今回は、キャンプの老舗ブランド、コールマンのガス缶を例に挙げて、一般的な処理方法や捨て方、またコールマンのガス缶ならではの処分方法をお伝えしていきます。