【軽量テント】ソロキャンプや登山などでも大活躍のおすすめ8選

:2022/04/01

テント 軽量

できるだけ荷物を減らしたいキャンプでは、テントも軽量なものだと持ち運びもラクラクで便利です。ここではソロキャンプや登山、ツーリングキャンプなどにもおすすめの軽量テントを厳選してご紹介します。

また軽量テントの選び方のポイントや2人用、3人用、ファミリーキャンプなどにもおすすめのもの、軽量タープ・マットまでたっぷりお伝えします。

軽量テントとは

世界中のアウトドアブランドからさまざまな商品が発売されているテント。テントには「軽量」「超軽量」と呼ばれる軽いものから重量のあるものまでたくさんの種類があります。
荷物はできるだけ減らしたいキャンプの中でも、移動中は常にテントを持ち運ぶ必要がある登山や、ソロキャンプ、自転車・バイクでのツーリングキャンプでは軽量なことはもちろんコンパクトなテントが最適です。

ファミリーキャンプ用のテントでも軽量なものがあると持ち運びがぐっと楽になりますので、以下では人数に適したおすすめの軽量テントについてもご紹介します。

軽量コンパクトなテントの選び方

軽量コンパクトなテントを選ぶには、いくつかのポイントがあります。軽量とはいっても雨風に負けない耐久性が大切です。特に天気が変わりやすい登山での利用を考えているのであれば、雨や強風に強く安全に過ごせるテントが必要です。

また軽量テントには大きく分けて2種類あり特徴がそれぞれ違います。特徴を知ってあなたにとって最適なテントを選ぶヒントにしてください。

シングルウォールかダブルウォールか

軽量テントには生地1枚でできている「シングルウォールテント」と、2枚の生地を使ってできている「ダブルウォールテント」の2種類があります。
一般的なテントと同じ構造のダブルウォールテントは、シングルウォールテントと比較するとインナーテントとフライシートの2枚の生地でできているため重くなりますし、設営にも少し手間がかかる場合もあります。しかし、シングルウォールよりも結露が起きにくく快適性が増します。

ダブルウォールでありながら1㎏以下の超軽量なテントも発売されいるので、使う季節やシーンを考えて選ぶことが大切です。

安い・コスパが良い

テントには10万円を超えるものもあれば、数千円で買えるテントもあります。
数千円のテントであっても、耐久性や防水性などの機能面が充実したものもあります。
価格にこだわりたいという方には、軽量かつコンパクトさに優れたシングルウォールがおすすめです。ただし、先述したように壁が布一枚なことから、環境の影響を受けやすく保温性もダブルウオールに比べ劣るため、季節に合わせて快適に過ごせるものを選びましょう。

前室が広い

フライシートとインナーテントの間に前室があるタイプが多く、荷物や靴を置いておくことができ、テント内を広く使えるダブルウォールは居住性も高く、初心者にもおすすめです。

「ヘリノックス」「ザ ノースフェイス」「ニーモ」などのアウトドアブランドからはシングルウォールにも前室があるモデルも発売されているので、前室を有効に使いたいという人はぜひチェックしてみてください。

設営が簡単

設営が簡単なテントと言えばワンポールがおすすめです。ワンポールテントは1本のポールを中央に立て、周囲をペグで固定することにより簡単に完成するテントのことで、設営や撤収にかかる時間が少なくて済みます。

荷物もポール1本とペグ、フライトシートの3つとシンプルなため軽量なことが多く、ソロキャンプなど少人数のキャンプに適しています。

またわずか1分程度で組み立て可能なワンタッチテントにも軽量なものもそろいます。

おすすめの軽量テント

ではここでは各ECサイトのランキング上位にも入る人気のおすすめ軽量テントを使用人数別にご紹介します。

ソロ・一人用

新潟県が発祥のアウトドア総合メーカー「スノーピーク」の【ラゴPro.air1】はダブルウォールテントでありながら900g未満の超軽量テントです。パッキングのしやすさにも定評があり、登山でも持ち運びのラクラク、自転車やバイクでのキャンプでも使いやすいコンパクトサイズです。

2人用

「Naturehike(ネイチャーハイク)」の【Cloud-Upシリーズ二人用テント】はお手頃価格なのに4シーズン対応で冬でも使えるスカート付きのものでも2㎏以下ととても軽量です。スカートを除けば約1.2㎏で少し小さめですが前室もあり、自転車やバイク、登山でのキャンプでも活躍してくれます。

3人以上

「Soarmax」の【ワンタッチテント】は1.46kgと軽量で収容人数は3~5人。ワンタッチでたった2秒で設営可能。キャンプだけでなくピクニックや運動会などレジャーやイベントでも幅広く使うことができます。

「ファイントラック」の【チューブツエルト FAG0124 [モス]】は取り出して潜り込むだけで緊急避難ができるチューブ型の大型ツエルトです。3~4人まで横になれるサイズで重量は440gと軽量です。緊急用だけでなく、ビバーク用シェルターとしてもおすすめです。

登山向け軽量テント

デンマークのアウトドアブランド「Nordisk(ノルディスク)」の【Lofoten(ロフォーテン)1UL】は世界最軽量のダブルウォールテントと言われています。重さはなんと約565gで、パッキングサイズは直径約11cm×22cmの円筒形でとてもコンパクト!ソロだけでなく2人用の【Lofoten 2ULW】もそろい、登山でも快適に持ち運ぶことができます。

「モンベル」の【ステラリッジテント 1型】は1.26kgで過酷な環境や悪天候にも耐え得る品質の高さが自慢です。

頑丈で信頼の厚い「ヒルバーグ」の【サイタリス】はベース型の4人用テントです。前室が広く雪山などの厳しい環境下でも快適に過ごすことができ、設営も簡単です。

おすすめの軽量タープ・マット

屋外で快適な空間を作ってくれるタープや、寝るときに使うマットも軽量なものだと嬉しいですよね。
最後にここでは、軽量テントと一緒に快適に使いたい軽量タープとマットをご紹介します。

「フィールドア」の【スクエアタープ】は、1.3㎏と軽量で付属のキャリーバックに収納すれば直径14cm×25cmととてもコンパクト。耐水性に優れ、UVカットコーティングやシルバーコーティングが施されており、雨天時や夏の日差しを遮るのにもおすすめです。

寝心地とコスパのどちらも最強と言われるインフレータブルマットは、「シートゥサミット」の【ウルトラライトS.I.マット】。重さは550gでシリーズの中で最軽量かつ最もコンパクト。クッション性とサポート性を持ちながら、身体の部位に応じて内部フォームを肉抜きすることで20%も軽量化。お値段1万円以下というのも魅力です。

軽量テントやその他のアイテムで快適なキャンプライフをお過ごしください。

こちらも合わせてご覧ください。